母親の財産を独り占めしようとしている兄夫妻への対処方法とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

財産を独り占め遺産分割協議がトラブルに発展する原因の一つには、
一部の相続人による、「遺産隠し」「遺産の独り占め」が問題となるケースが少なくありません。

特に、親と同居している兄弟夫妻がいる場合です。

同居していることで、親の預金残高や資産状況を把握できますね。

あるいは高齢な親に変わり、管理していることもあります。

一方、一緒に暮らしていない兄弟は、親の財産状況など無知に近いことでしょう。

こういった状況において、親と同居する相続人が「遺産を多く手に入れよう」などと考えることでトラブルへと発展するのです。

そして、何も対処せずにご両親が死亡されてしまえば、なかなかそれを暴くことは難しくなります。

今回の相談者に関しては、兄夫妻の悪だくみに感づき、弁護士に相談しています。

相談者の質問では、相続税対策についても触れており、相続税については相続開始前に知っておくべきことでもあります。

親の相続で揉めそう、相続税について知りたい方、対処方が見つかるかもしれません!

弁護士の回答をチェックしておきましょう。

母親に自分の子供を養子にさせて相続財産を狙う兄夫妻!

Aさん

母が孫を養子にすることって、問題ありませんか?

母には子供が3人います。

私、兄、弟です。

母は兄夫婦と同居しています。

兄夫婦には30歳になる女の子(祖母の孫)がいて、その子を母が養子にするという話です。

どうやら、高齢の母を利用して、兄夫婦が孫を養子にしようとしているのです。

母は相続対策になるならと、受けるようです。

もともと、母は長男をとても可愛がっていたので、言われるがままなんだと思います。

ただ、兄夫婦はこのことを私と弟には何も相談せず、内緒でやろうとしています。

私や弟は、兄に対して不信感を抱いています。

後々、相続で揉めるのも嫌なので、だったら、私と弟の子供も養子にして公平にしてほしいところです。

養子は1人だけと決まっているのでしょうか?

また、兄夫婦が言っている相続対策とはどんなものなのか…。

母が兄夫婦の子(孫)を養子にすると、どのように相続対策になるのでしょうか?

それによって、私や弟の相続分や遺留分は減ったりするのでしょうか?

兄夫婦がやろうとしていることが、後々母の相続の際に影響してこないなら問題はないのですが。

ただ、何か裏がありそうな気もします。

母と兄夫婦が何かを企んで、相続人である私や弟に内緒で養子縁組や親の相続対策をやること、これは法的には問題ないのでしょうか?

親が孫を養子にすることによる相続税対策と相続分への影響

弁護士からの回答
ご質問に順にお答えいたします。

まず、お母様がお孫さんを養子とする(養子縁組)ことは問題ありません。

民法797条によりお孫さんが15歳未満の場合には法定代理人(親権者)の代諾が必要となりますが、お兄さん夫婦のお子さんは30歳とのことなので、このような制限もありません。

また、養子縁組の人数に制限はありません。

したがって、ご自身と弟さんのお子さんもお母様と養子縁組することが可能です。

次に、相続対策としてどのように養子縁組を利用するかという点ですが、お孫さんを養子とすることで相続税の節税効果が期待できます。

つまり、相続税は相続財産から基礎控除として3000万円+法定相続人の人数×600万円を差し引いた残額に課税されることになりますが、養子縁組により法定相続人の数が増えますので、控除できる部分が増えることになり、それだけ相続税が安くなることになるわけです。

また、本来であればお母様の財産はお子さんが相続することになり、さらにお孫さんがこれを相続することになります。

するとお子さんが相続する際とお孫さんが相続する際にそれぞれ相続税が課されることになります。

しかし、お孫さんが養子縁組によりお母様の子として財産を相続するとすれば相続税が課されるのは一回のみということになりますので、節税効果が期待できるというわけです。

先に述べました通り、養子縁組をすることによりお母様の法定相続人となる子が増えることになりますので、ご自身や弟さんの相続分や遺留分は減ることになります。

お兄さんの子が養子となった場合を例に考えてみます。

養子縁組をしない場合、法定相続人はお兄さん、ご自身、弟さんの3人ですので、法定相続分はそれぞれ3分の1ということになり、遺留分はそれぞれ6分の1ということになります。

これはお母様の遺言がなかった場合には相続財産を各人3分の1ずつ相続することになり、遺言により仮に誰か一人のみが全ての財産を相続すると定められた場合でも遺言により財産をもらえないとされた他の相続人としては財産の6分の1だけは遺留分として自分のものであると主張ができることを意味します。

しかし、お兄さんの子が養子となった場合、法定相続人は4人となりますので、お母様の遺言がなかった場合にはそれぞれ法定相続分である4分の1ずつを相続することになり、遺言があった場合の遺留分はそれぞれ8分の1ずつということになります。

お兄さん夫婦の実際の目的は不明ですが、以上のように、現実として法定相続分や遺留分の割合が減ることになります。

ただし、仮にお兄さん夫婦に何らかの裏の意図があったとしても、養子縁組はあくまでお母様とお孫さんとの合意により有効に成立します。

ご自身を含めた他の相続人に内緒で手続きがなされた場合でも違法とはなりません。

関連ページ
相続に関する問題や悩みは無料相談を利用して解決!
相続問題を得意とする弁護士事務所の一覧

サブコンテンツ