ゴミの集積場所が我が家の目の前!これって不公平じゃないの?

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

ゴミ置場

自分の家の前、隣がゴミ捨て場だったら…
誰もが多少なりは嫌な気持ちになるでしょう。

しかも、臭いがキツイ、カラスがゴミを荒らす、虫が発生してるなんて事になれば…
できればゴミ捨て場の位置を変えてほしいと思うのは普通かと思います。

そして、このような問題と言うのは被害にあっている方だけが深刻であったりします。
他人は見て見ぬふりをするものです。
それは、誰もが自分の家の前や隣がゴミ捨て場になるのが嫌だからです。

しかし、ゴミ捨て場がある家だけが被害に遭っているというのは不公平じゃありませんか?

以前、相談に来た人が言ってました。
「自治会にゴミ捨て場を移動するか?輪番制にして順番に各家の前をゴミ捨て場にしてほしい!と訴えたが、反対者が数名いた」
「うちだけがずっと被害にあっているし、これでは納得がいかない!」

このようなご相談で来たわけですが、確かに相談者の家の前だけが長い間ゴミの集積場となっているのは不公平であると考えられます。
どうにかしてほしいと思われる気持ちも当然でしょう。

諦めてはダメ!駄目もとで反対者に異議を唱えよう

このような生活トラブルは、言ってもどうせダメだろう、仕方がないと諦めてしまう人が多いのですが、その状態が改善するかもしれない可能性はあります。

なお、反対している人を相手取って行う事がポイントです。
ただし、どれほどの悪臭なのか?
どれほどゴミが散らかっているのか?
家の景観が損なわれているのか?
などなど…、受けている被害が社会通念上の限度を超えるものなのかどうかが問題となります。

まずは、客観的にその状態を把握して、受忍限度を超えるような状況であるか確認してみましょう。
そして、それなりの資料をもって自治会などに訴えてみましょう。

それでも、反対する者に対しては、「だったらお宅のゴミは出さないでくれ」と差し止め命令をしてみましょう。

なお、私が経験した相談者の場合では、それなりの資料を用意して、弁護士が自治会に対して輪番制を要求しました。
しかし、反対者が応じなかったため、何度か話し合いを設ける形で納得のいく解決を図る事ができました。

しかし、そう上手くいかない事もあります。

裁判になったら!!

実際にこの種の裁判がありましたので、紹介しておきます。

被害にあっていた住人が、輪番制を反対した者に対して起こした一般廃棄物排出差止請求です。
反対していた者は自治会の会長であり、被害者からの要求や弁護士との話し合いにおいても反対し続けてたため、裁判を起こしたものです。

しかし、裁判所の和解勧告も拒絶し、何ら態度を変えることなく被害者宅前のゴミ捨て場にゴミを捨てていたのです。

そこで、被害者はゴミを捨てないよう求める「一般廃棄物排出差止請求」をする事にしました。

結果、反対者に対しては、被害者宅前のゴミ捨て場にゴミを捨てる事を禁止する命令が出ました。

裁判所の判断は当然だと思います。
ゴミ捨て場は必要なものです。
そして、それが家の前となれば誰もが歓迎しないでしょう。

しかし、自分の家のゴミを出すわけですから、ゴミ捨て場の前の家だけが我慢していればいいという事ではありませんね。
1人だけでなく、皆が我慢しなくてはいけない面もあります。

自分じゃないからいいやではなく、公平な判断や協力が必要な問題です。
都内や都内近郊では、住宅が増加してゴミ捨て場が確保できない地域も増えています。
自分の家の前がゴミ捨て場となってしまっている人もいることでしょう。

衛生管理やマナーが守られているようであればそれほど問題とならないのでしょうが、被害に遭われている方にしてみれば深刻な問題です。

周辺住民の協力が求められないようであれば、一度専門家に相談してみるといいでしょう。
アドバイスや地域住民・自治会との交渉など、あなたのお役に立ってくれるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ