隣の家の新築工事!我が家の壁とギリギリに…

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

13合成

嫌な予感!我が家のキッチンの前に隣の家のトイレが!

隣の家との距離が近い!という問題は結構多くあります。

隣の土地が購入されて新築する場合、相手がどのように家を建てるかは、隣に住む人にとっては重要な事です。

もしかすると、

  • 相手の家によって日が当らなくなった
  • 窓をあけたらすぐ目の前に隣の壁や窓が出来てしまった
  • キッチンの前ギリギリに相手の家のトイレを置かれてしまった

など、思いもよらない事態になる事があります。

特に、ここ近年では、低所得に反して土地の価格はあがり、狭い土地を購入してめいっぱいに家を建てる人が増えています。

新築する人にしてみれば、「安く有効的に」という事かもしれませんが、場合によっては非常識な行動となるのです。

また、このような事は、今後も減ることなくむしろ増えていくでしょう。

しかし、相手も夢のマイホームとあって、既に設計や内装などの確認が終わりいざ工事開始となれば、変更をお願いしても難色を示しても引くに引けないといったところです。

そしてトラブルとなるのですが、法律に違反してまでも、ぎりぎりまで家を建てると言うのは、やはり問題です。

では、家を建てる場合、

どのようなルールがあるのか?

ギリギリに家を建てる事は許されるのか?

最終的には法律的に判断するしかない問題でもありますから、関係する法律を見ておきましょう。

境界ギリギリの新築工事をやめさせたい!法的な判断はどうなるの?

まず、家を建てるにあたっては、隣の家との距離を規定している法律がいくつかありますので、紹介しておきます。

①民法第234条
建物は境界から50センチ離して建てる。

②民法第235条
境界から1メートル未満の距離で他人の宅地が観望すべき窓を設けるものは目隠しをする必要がある。

③民法第236条
民法234条と235条と異なる慣習(地域の決まりなど)がある場合には、その慣習に従う。

④民法第237条
トイレは境界線から1メートル離す。

⑤建築基準法第56条
防火地域または準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界に接して設ける事ができる。

さて、この関連法規を見ると、基本的には建物は50センチ離れていなければいけない事になります。

しかし、地域などによっては、50センチではなく20センチなど、地域ごとに慣習がある場合もあります。

その場合には、その慣習に従う事になります。

そして、新築工事をしているところが、防火地域や準防火地域である場合には、耐火構造を条件として、ギリギリでもいい事になっています。

つまり、トイレも浄化槽の設備や公共の下水道管に接続されて汚水の浸漏の問題がなければ、ギリギリでも問題ない事になります。

さて、法律的な判断はこのような法規に基づいてされます。

もし違反していれば、違反しないように設計を直して建築するように要求ができます

しかし、完成してしまったら、相手に対して設計を直せとはいえません。

その場合には、損害賠償請求となってしまいます。

よって、早い段階での交渉がカギとなるでしょう。

また、完成はしていないものの、既に工事がスタートしていて進行している場合も、早目の対応をするべきです。

工事が進めば進むほど、相手も後戻りするには費用の負担がかかります。

この場合も、裁判所の過去の判例では、建築し直す事は費用の負担が大きすぎるため、損害賠償請求できるに留まっています。

解決が困難となる前に、手を打ちましょう!

また、話し合いはスムーズにいくとは限りませんが、粘り強く交渉するのも大切です。

感情的にならず、相手に譲歩してもらえるように交渉して下さい。

なお、話し合いが難しい、交渉が決裂してしまった場合には、調停などを利用して解決を図りましょう。

サブコンテンツ