相続に関する問題や悩みは無料相談を利用して解決!

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

相続に関する悩み遺言書や遺産分割協議、相続分や遺留分について、かなりの確率で問題や悩みが発生しているのが実情だよ。

遺言書の内容や遺産分割協議では、相続人の足並みが揃わないと根拠のない主張がぶつかりあうからね。

ドラマやテレビで相続トラブルを見たことがあるでしょ!?

これは現実にも頻繁に起きていること!

自分に有利に解決したいと考えるのが普通だと思う。

ほかの相続人に負けないように知恵をつけなくては本来受け取るべき相続分がもらえない。

そのためにはどうしたら良いと思う?

相続に関する問題解決には、正しい法律知識を持つことが全てだよ!

でも、相続に関する本当に正しい法律知識を把握・理解している人、できる人というのは殆どいない。

難しい言葉がたくさんでてくる。

たとえ、知識を付けたとしても、個々の問題や悩みは似ているようで異なるもの。

実際の相続人同士の話し合いとなると勝手な意見や主張が出てくるため、教科書通りにはいかなくなっちゃうの。

そこでね!

相続に関しての問題や悩みを抱えている方に、損することなく解決するテクニックを紹介するね。

後悔しない解決ができるはずだから!

相続で抑えておくべきポイント

どんな相続の問題でも抑えて欲しいポイントを紹介するね。

あなたもこのポイントを読んで、自分のケースを考えてみてね。

驚くほど解決への道は近くなるはずだから!

相続で問題となる原因は3つ!

相続人同士の関係

財産の種類

遺言の残し方や内容

大きく分けると原因はこの3つ。

問題となる原因を例に挙げておくね。

●相続人同士の関係

・長女が知らないうちに親の通帳を管理していて親のお金を使っていた
(生前贈与について)

・遺言書があるのは確かだけど遺言書を見せてくれない

・今まで知ることもなかった養子や認知した子いて突然現れた

・納得のいかない遺産分割をされた

・長男が全て相続すると言っている
(遺留分について)

●財産の種類

・相続財産が自宅のみしかない
(自宅を相続人で共有名義にするか?売却するか?)

・どのような財産が相続財産となるのか分からない
(相続で対象となる財産について)

・借金があるけど相続することになるのか分からない

・現金じゃない分けられないものばかり

●遺言の残し方や内容

・長男だけに土地を相続するという内容で長男が勝手に登記すると言ってきた

・兄弟4人いるがなぜが自分だけ相続人から排除されていた

・遺言にも種類があり公正証書遺言にしたほうが良いと聞いたことがある

・遺言書で遺言執行者とかいうのにされた、でも相続人でもある。

・長男だけに土地など全ての財産を相続させるという内容になっていたけど、全然納得できない

大概はこの3つ全てが関係してくるから余計にややこしくなる・・・。

あなたが問題の解決をするときには、問題や悩みをこの3つに分けてみて。

細かく整理してまた、他の相続人の主張も聞いたりして、疑問と感じることや問題となる部分があればメモしておくといいよ。

相続に関しては法律と税務の知識が非常にたいせつ

相続問題において一番大事なのは法律知識。

次の2つのケースを見てほしいの。

  • ①遺言が残されていたが、自筆証書だった
  • ②遺言が残されていたが、公正証書遺言だった

①も②も遺書には違いない!

しかし生じる効果も違えば、生じる問題も異なるんだ。

自筆証書遺言では、ルールに従って書かれていないものは無効となる。

開封する際には誰かが勝手にすることは許されず、家庭裁判所で検認の手続きをする必要がある。

公正証書遺言は、公証人が作成するため間違いなく残せる方法になる。

公証役場で保管されるから、誰かが勝手に捨てるなんてことはできない。

相続人であればだれでも見れるよ。

遺言を残すことを考えているなら、問題が起こる可能性が低くなる公正証書遺言のほうがいいよね。

これはほんの一例。

こういったことを知っておくことは、相続では相続前後に関わらずとても重要なことなんだ。

相続に関連する法律を知って理解できないと問題の解決もトラブルの回避も難しいと言えるよ。

遠回りをしてあやふやな知識をつけるより弁護士の無料相談を利用した方がいい

法定相続人・相続分・代襲相続・大衆相続・数次相続・特別受益・寄与分・遺産分割(協議)・相続の承認・相続放棄・財産分離・相続人の不存在・遺言(自筆証書・公正証書)・遺言事項、遺留分(減殺請求)・相続税の対象財産と評価の方法・相続税額・相続税の申告と納税など

どう?

普段聞きなれない難しい言葉ばかりだよね。

この意味を調べたり、関係する法律を知る作業が必要になる。

考えただけでも頭が痛くなりそうじゃないかな?

相続人同士のことや財産の種類といったことも絡んでくるんだから、実際には簡単なことじゃないよね。

たとえばね。


「遺産分割で悩んでいる」
相談に来た人がいた。

「手続きを誰がするのかで揉めているし、相続人同士の相続分のことでも揉めている」
と言う内容だったの。

それでもっと聞いてみると、
「手続きは自分がしたいのだけど、どう手続きをしたらいいか分からないし、相続人の一人が行方不明」


これは特別に複雑なケースだと感じるかな?

実はそうでもないよ。

このように色んな問題が絡んでくることは相続ではよくあることなんだ。

こうなると、すべての問題に関係する法律を理解しておかないと対応できないよね。

その相談者が損することなく納得いく解決策であることも必要。

正しい知識や経験は必要不可欠だよね。

これだけは自信をもって言える。

相続の場合には専門家に直接意見を聞く方が効率もよく、損をする可能性も低くなる。

『自分で本を読みあさったり、ネットで検索したりして少しでも知識をつけて対応できるようにしたい』

気持ちも分かるけど、相続関係は人によって悩む点が違うし、知りたいこともそれぞれだよね。

その方法では完全に遠回りだよ。

それに、日常では使わない法律となるため、正しく理解できないことや間違えている情報を信じてしまうリスクだってあるでしょ。

だったら弁護士の無料法律相談を使うべきじゃないかな!

正しい法律を把握すれば、他の相続人からの勝手な主張や嫌がらせにも困ることがなくなるはずだしね。

どこに相談にいけばよいかわからない?

法律事務所か公益的な相談所なら個別の事務所の無料相談が良いと思う。

相続の手続きなど、簡単な内容の相談であれば別だけど・・・

揉めている状況ならゆっくり話ができる各事務所の無料相談にした方がいいよ。

弁護士も把握するのにそれなりに時間がかかる。

それに、基本的に制限時間内での相談となる公的機関での無料相談は向いていないと思うからね。

なお、依頼を前提に相談したいけれど経済的に余裕がないと言うような方は、法テラスの法律扶助制度が利用できる可能性があって、法テラスでの無料相談が利用できるから問い合わせしてみてね。
注)法テラスは全ての方を対象にして無料相談をやっているところではないから勘違いしないでね。詳しくは問い合わせして確認してください。

相続問題は基本的なポイントを抑えておけば解決できる

ややこしく考えていた問題や悩みを解決するにもポイントを実践して欲しい。

相続前の段階であれば、トラブルの回避もできると思うよ。

最後に、それぞれのポイントをもう一度まとめておくから確認してね。

①相続で問題が起こる3つの原因を整理する
(相続人同士の関係・財産の種類・遺言の内容)

②相続問題において一番大事なのは法律知識

③あやふやな知識をつけくらいなら弁護士の無料相談を利用する

このポイント抑えて実行していけば、損することなく確実に解決へと進められるはず!

悩みや問題の整理がきちんとできて、正しい法律知識を得られれば、自分だけで解決できる問題だってあると思うし!

あなたの抱えている悩みや問題がより早く解決できるように活用してね。

関連ページ:相続問題を得意とする弁護士事務所の一覧

サブコンテンツ