飼い犬に飛びつかれてケガした!飼い主の責任とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

犬に飛びつかれてケガ

飼い主に責任をとってほしい!

犬を飼っている家も増え、道端で散歩をしている風景はよくみかけます。

私の場合、小さい犬であれば「可愛いな」と感じますが、大きい犬などが前から歩いてくると、すれ違う際は少し「怖い」と感じてしまいます。

愛犬家にとってみれば、「うちの犬はちゃんとしつけてしているから大丈夫、怖くない」と思われるでしょうが、どんなにしつけをされている犬であっても、何かの拍子に人に吠えたり、飛びかかろうとしたり、噛みついてしまう可能性は否定できません

もし愛犬が人に危害を加えてしまったらどうなるのか?

この場合にはその飼い主が被害者に対して損害賠償請求を負う事になります。

これは民法718条で定められています。

また、条文ではただし書きがありますので、チェックしておきましょう。

「ただし、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない」

このケースの場合、どちらかというとこのただし書きが争点となるのだと思います。

というのも、「相当の注意」とはどのような注意かが、素人では明確ではないからです。

結局のところ、裁判所の判断となるのですが、関連する法律としては、「動物の愛護及び管理に関する法律」というものがありますので見ておきましょう。

この法律の第7条には、

動物を飼う人は、動物の愛護及び管理などについて責任を十分に自覚する。
飼っている種類の動物の習性等に応じて適正に飼養して保管する。
そして、その所有している動物が人の生命、身体若しくは財産に害を加える事や生活環境の保全上の支障を生じさせる事、人に迷惑を及ぼすことがないように努めなければいけない。

このように飼い主に対して義務を定めていますが、この条文からすると、犬が人に噛みついたり、飛びかかって怪我をさせてしまった場合には、飼い主の責任は免れないというのは明確ですね。

つまり、飼い犬に飛びつかれてケガした!となれば、怪我した方は飼い主に対して責任を追及できる事になります。

相当の注意とは?直接的でなくても飼い主の責任になる!

では、どこまでが飼い犬の責任となるのか?

飛びかかろうとしたり、吠えたりはしたが、直接相手には振れなかったにも関わらず相手が怪我をした場合はどうでしょうか?

例えば、吠えられたり飛びかかられたりして避ける事があると思います。

その際に、避けたはいいが転んでしまった場合や、避けた拍子に車に跳ねられたケースです。

これに関しては、怪我をした原因が犬を避けようとした事であるとされるのが普通であり、飼い主に責任があるとされます。

 

このようなケースは裁判にもなっており、横浜地裁平成13年1月30日の判例でも、

「飼い主には、犬がみだりに吠えないよう調教する義務がある」

とされ、犬に吠えられて転倒して怪我をした人に対して慰謝料440万円を認めた判例もあります。

飼い主が傷害罪になった判例

また、ケースによっては、飼い主が傷害罪とされてしまう事もあります。

名古屋地裁H15年7月29日の判決では、人を咬むのがわかっていながら犬のリードを放したのは傷害罪にあたるとして懲役3年、執行猶予5年とされました。

その一方で、飼い主が注意をしていたり、大きな怪我でない場合には、この種のトラブルは飼い主が申し訳ないという気持ちで話し合いをすればスムーズに解決するケースも多くあります。

飼い主にしてみれば、

  • そこまで怖がることはない!
  • 下手に怖がるから犬が吠えるんだ!

という主張もあるでしょうが、相手が動物好きな人なら多少吠えられても動じる事はないのかもしれません。

しかし、子供だったり、犬嫌いの人であれば、多少吠えられた事でも恐怖などを感じてひるみ、怪我までさせてしまう事もあります。

また、民法718条の但し書きの、「相当な注意」が争点になるというお話をしましたが、いくつかの判例をみると、飼い主にはかなりの注意義務が求められると考えられます。

基本的には、犬のほうから吠えたり飛びかかろうとして何らかの形で怪我をさせた場合、吠えたり飛びかかる行為が無ければ何も起こってないわけですから、飼い主の責任となる事が多くなっています。

犬や猫などの動物を飼われている方が多くなっていますが、散歩などで外出する際には他人に危害や迷惑をかけないように気を付けなくてはいけないですね。

サブコンテンツ