交際相手が16歳だった!これって犯罪なの?

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

9合成_1

テレビや新聞を見ていると、

18歳未満の少女と性的関係を持ったために検挙された

成年と未成年者での性交渉についての話題やニュースを見る事がありますね。

以前、相談者の中にはこんな方がいらっしゃいました。

「19歳だと思って付き合っていた彼女がいるのですが、実は16歳だと告白されました」

「高校生だと分かったら相手にされないからと嘘をついていたようです」

「僕は22歳なのですが、お互いに同意の上で付き合っているのでテレビなどで見るような犯罪にはなりませんよね?それとも問題になりますか?」

相談内容

このような内容のご相談でした。

さて、このケースの場合ですが、結論から言うと問題にも犯罪にもなりません!

日本の法律では16歳以上の女性は婚姻が可能です。

つまり、18歳以下の女性と交際することを禁止してしまうのはおかしいですね。

ですから、16歳の女性と交際する事は問題になりませんし、真剣に交際しているのであればそのうえでの性交渉であれば犯罪にはなりません。

しかし、自分の性的欲求の為だけに18歳未満の女性と性交渉を行う事は許されません。

あくまでも真剣に交際している場合であり、相手も同意のうえであれば、検挙されるような事はないと考えられるのです。

犯罪になる性交渉とは?

そもそもなぜ18歳未満の少女との性交渉で検挙されるかというと、地方公共団体の条例で定められている青少年の保護に反するからです。

そしてこれらの条例では、青少年に対しては、金品を渡して、仕事としてなどで性交または性交類似行為を行ってはいけないと規定されています。

よって、成年が未成年に対して性的欲望を満たすだけに性交渉をする事は処罰の対象となります。

ただし、いくら真面目な交際とは言え、相手は18歳未満の少女ですから、何をしてもいいと言う事でもありませんね。

普通に考えて、精神的にも相手は未熟であり、まだまだ子供です。

成年側がきちんと配慮して、節度をわきまえて接するべきかと思います。

なお、このようなケースで検挙された場合の処罰としては、刑法第176条(強制わいせつ)によって、6ヵ月以上10年以下の懲役となります。

13歳以下だったら

また、これは13歳未満の男女に対してわいせつな行為をした者も同様となり、13歳未満に対しては、真剣交際で相手が同意していようとも、刑法による「強姦罪」や「強制わいせつ罪」が成立します。

因みに、16歳同士だった場合、真剣な交際云々は関係ありません。

というのも、条例で定めているのは未成年者保護であり、18歳未満の未成年者には適用されず、16歳同士などの性交渉は処罰の対象とはなりません。

但し、18歳未満の者でも処罰されるケースがあります。

それは、13歳未満の子と性交渉を持った場合です。

刑法177条によって、相手が13歳未満の場合、脅迫や暴行がなく、または同意があった場合でも「強姦罪」となるとされています。

13歳同士ではどうか?

では、仮に13歳同士で性交渉を行った場合ですが、刑法41条により14歳未満のものは刑法上責任能力がないとされ、刑事責任は問われないので処罰の対象とはなりません。

なお、条例や刑法の他にも、児童福祉法でも未成年との性的行為は規制されています。

また、それぞれの罰則は次のとおりです。


・児童福祉法違反:10年以下の懲役若しく300万円以下の罰金、又はこれを併科

・条例違反:懲役2年、罰金100万円。

・刑法の強姦罪:3年以上の有期懲役。

・刑法の強制わいせつ罪:6月以上10年以下の懲役

サブコンテンツ