大阪で弁護士の無料相談を利用するための窓口

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

大阪で弁護士の無料相談を利用するための窓口弁護士に相談してみよう!相談先を探そう!
と思った方の多くが、 「どこで相談しようかな・・・」と迷っちゃうんじゃないかな!?

「大阪・相談」、「大阪・相談・無料」というように検索しても分かるけど、多くの相談先が出てくるから決めきれないと思うんだよね。

必ず出てくるのが、区役所や弁護士会、法テラスといった公共窓口の案内だし、 それに加えて様々な事務所も同時にたくさんヒットしてくる…。

初めて法律相談をしようとしている方にしてみれば、

「何がどう違うの?どの窓口がいいの?」


「役所など公共の窓口と各事務所の方ではどっちを利用するべきなの?」

そんな疑問を持つんじゃない?

また、色々と相談窓口を調べていると、


「メールや電話での相談がいいけどちゃんと相談できるのかな?」

「有名弁護士に相談したほうがいいのかな?」

「申し込むにはどうしたらいいのかな?」

「無料相談をうけると依頼しなくていけなくなるのかな?」etc…


初めてのことだから分からないことだらけだし、不安や心配もあると思うの。

とはいえ、せっかく無料相談を利用するのだから、「良い弁護士さんを見つけて味方につけたい」「良い弁護士さんからアドバイスを受けたい」 という思いも当然あるはず。

その通り!

せっかく行くんだから、無駄なく活用してほしいと思う!

そこで!

大阪で弁護士の無料相談を利用する場合の活用方法とその極意をまとめてみました!

どの窓口を利用するかがとても重要になってくるから、是非参考にしてね。

大阪の弁護士無料相談を上手に利用する方法と3つの極意

極意1 自分に合った無料相談先に相談するべし

極意2 自分の相談内容にあった相談方法で相談するべし

極意3 無料相談を利用して弁護士を選ぶべし

この時点では何のことやら?と思うよね。

ちょっと、順に説明していくから読んでみてほしい。

この極意を知れば、相談先も楽に見つかり、無料相談が無駄にならないはずだから!

極意1 自分に合った無料相談先に相談するべし

法律の無料相談といっても、意外と多くの窓口があるんだよね。

大きく分けると、主な窓口は以下のとおり。

① 役所などの無料相談

大阪市で実施している法律相談及び問い合わせ先
http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000004815.html

①-1 大阪市総合コールセンター「なにわコール」
問い合わせ先は
電話:06-4301-7285(年中無休 午前8時から午後9時)

② 大阪弁護士会の無料相談
大阪弁護士会 総合法律相談センター

③ 法テラスの無料相談
法テラス大阪

④ 各事務所での無料相談

どこを利用したらいいのか?
まずはそれぞれの異なる面、特徴など、その違いを知ることから始めるところから始めましょう。

・弁護士会

・役所

・法テラス

弁護士または法律事務所について説明しますので、参考にしてください。
特に、お仕事などで時間が取れないという方は、以下の点を確認しながら見ておくといいですよ。

  • ・面談だけでなく電話またはメールで対応しているか ?
  • ・土日や夜間に対応しているか
  • ・電話以外でも予約できるか

市や区での無料相談

①相談形式 面談
②対応時間 平日8時から21時
(月1ナイター相談あり、毎月第4日曜日に区役所(3か所)で対応
③申込み方法 当日の電話予約制
④メリット 主催しているのが市や区ということで安心感がある点
⑤デメリット 若手弁護士や時間的な問題から対応が雑になることがある点

なお、交通事故・家庭問題・民事調停・登記問題については大阪市総合コールセンター「なにわコール」でも無料相談を行っています。

各問題によって対応時間や受付方法が異なるため、確認して下さい。
(電話:06-4301-7285・年中無休・午前8時から午後9時)

大阪弁護士会での無料相談

①相談形式 面談
②対応時間 平日8時から20時(各センターで異なる)。
場所によって夜間・土日対応
③申込み方法 電話による事前予約制。
法律相談予約受付コールセンター( TEL: 06-6364-1248 )
④メリット 弁護士会主催による安心感。
6か所
(北区西天満弁護士会館、なんば・堺・谷町・岸和田・南河内センター)で実施している点や相談だけでなく弁護士を紹介してもらえる点
⑤デメリット クレジット・サラ金問題・交通事故(民事)・少年事件(刑事・保護)・労働問題(労働者側)以外は有料となる点(生活保護を受けている方は無料)

法テラス大阪での無料相談

①相談形式 面談・電話
②対応時間 平日9:00~17:00
(土日・祝日及び年末年始を除く)
③申込み方法 電話による事前予約制
④メリット 刑事・民事を問わず、法的なトラブル解決に必要な情報やサービスを無料で提供してくれる点。
経済的に余裕のない方は2つの条件をクリアすると無料で法律相談が受けられる。
弁護士の着手金・報酬等の費用を立替えてくれる制度がある。
⑤デメリット 経済的に余裕のない方以外は無料相談できない。
また、相談できても約3日~4日先の相談になる傾向。
北区西天満の法テラス大阪と堺市堺区の法テラス堺の2か所のみでの対応。

各事務所・弁護士の相談窓口

①相談形式 面談・電話・メール
②対応時間 平日9時から20時が基本。ただし、土日、夜間対応する事務所も多くある
③申込み方法 メールまたは電話予約
④メリット あらゆる事件や各相談者の都合に対応できる。
⑤デメリット 自分で探さないといけない点や相談内容によっては無料とならない点。

どうかな?

それぞれの5つの項目を見ると分かるけど、「ここが自分にあってそうかも」という窓口が絞れてくるんじゃない!?

自分にあう窓口さがしてみて!

極意2 自分の相談内容にあった相談方法で相談するべし

無料相談先の特徴が分かったら、次は相談方法を見てみよう。

各窓口や事務所によっても異なるけれど、相談方法は面談、メール、電話の3つがあったよね。

1番のポイントは「相談する内容によって相談の仕方を決める」こと。

例えば、「仕事が忙しくて時間がない」、「直接行くのは面倒だけど相談はしたい」などの場合には、メールや電話相談を利用したいと思うよね。

だけど・・・。

複雑な相談や、資料がないと説明できない内容は面談での相談がいいよ。

メールや電話では資料などを見せることができないでしょ。

相談したいことも正しく伝えられないこともあるし、間違えて伝わってしまう可能性だってある・・・。。

一度の相談だけで的確な助言を受けられない可能性もある。

それじゃ元も子もないよね。

そういう意味でも面談がオススメかな!

面談のメリッットは

説明が苦手な方でも資料などで正確に伝えることができるし、弁護士も不足な情報があればその場ですぐに確認ができる!

メールや電話よりも的確なアドバイスを受けることが可能だと思う。

メールや電話での無料相談というのも一つの手段と考えて、もしも時間があるようなら面談形式での無料相談を一度は利用してみてほしいな。

誰もが初めは躊躇するもの

いざ相談するとなると

「相談するのはちょっと抵抗がある」

「すぐに委任しなくてはいけない状況になるのが嫌」

などの不安を感じているのはもちろん分かる。

でもすぐ依頼するかどうか決めなくてもいいんだよ。

そこで受けた助言や印象などで後から決めれば大丈夫だから。

それに、「強制的に契約させられる」事もないから安心して!

相談内容によっては電話やメール相談だけではなく面談にしたほうがいいと思うよ。

相談するなら内容によって相談方法を選ぶというのを頭において、無料相談をどんどん活用してみてほしいな。

極意3 無料相談を利用して最適な弁護士を選ぶべし

「聞いたこともない弁護士より有名弁護士の方がいいのでは?」

「その事件に強い弁護士の方がいいのでは?」

確かに、 「有名弁護士や知名度のある弁護士」というのはそれなりに実績がある弁護士だと思う。

それに、「その事件に強い弁護士」であれば、あらゆる策や解決方法を熟知している弁護士だよね。

しかし、有名な弁護士に相談したり依頼するのは実際には難しいと思うな。

無料相談を受けている暇などないくらいだから・・・。

また、有名だからといって、自分と相性の合う弁護士かと言うとそうとも言い切れない。相談する上で重要なのは相性だから!!

だから、そこまで有名弁護士に執着する必要はないんじゃないかな。

むしろ、探してほしい弁護士というのは、自分の案件を多く扱っている弁護士にしてほしい!

最適な弁護士とは

例えば、離婚についての相談なら、離婚案件を多く扱っている弁護士。

それぞれ案件によって得意をする分野が違うのは当たり前のこと。

多く扱っているということは、その問題についての経験を「他の弁護士より多く積んでいる」ということになるよね。

経験は弁護士にとっては強み!

そういう弁護士に相談したり依頼すれば、自分に有利になるでしょ。

更に、
「相場の費用で対応してくれる弁護士」という条件で絞ってみるといいよ。

そうすれば、納得のいく弁護士が見つけられるはずだから。

そのうえで実際に会ってみて、「印象も悪くなくきちんとした説明を受けられた」と感じられたら、その弁護士こそ自分にあった最適の弁護士だと思うよ。

無料相談は法律的なアドバイスを受けるためのものではあるけど、弁護士を探す手段としても利用しちゃってほしい。

時間があるなら、一人の弁護士だけでなく他の弁護士の無料相談も受けてみるなりして、自分にあった弁護士を探してくださいね。

関連ページ:

借金問題を得意とする弁護士事務所の一覧

闇金問題を得意とする弁護士事務所の一覧

離婚問題を得意とする弁護士事務所の一覧

交通事故問題を得意とする弁護士事務所の一覧

相続問題を得意とする弁護士事務所の一覧

詐欺問題を得意とする弁護士事務所の一覧

「公益社団法人 総合紛争解決センター」ってどんなところ?

様々な検索方法で窓口を探していると、「公益社団法人 総合紛争解決センター」というところがよくヒットしてきませんか!?

「これはいったいどんなところ?」

「評判は?」

などの質問も多くあるので、これに関してちょっと説明しておきますね。

まず言えることは、なんら怪しいところではなく、弁護士会が運営している紛争解決センターだということ。

全国で35センターほどある。

このセンターの特徴は「仲裁」が目的になる点が他の相談窓口とは異なるんだけど、 仲裁が目的!と言われてもよく分からないよね。

そこで、通常の弁護士相談窓口とは異なる点を以下に載せておきます。

  • ・相談者だけでなくトラブルの相手方からも話を聞く点
  • ・対応する案件は民事上のトラブルだけという点
  • ・仲裁や和解あっせんには弁護士などの司法関係者だけでなく、内容に応じて各分野の専門家の方々が対応する点

この3つが主に異なる点だけど、この条件内で解決ができそうな事案であれば利用してみるといいと思う。

紛争の内容にもよるんだけど、公正、迅速、低費用での解決が可能となるのがメリットになるよ。

詳しくは、総合紛争解決センター事務局(大阪弁護士会館内)へお問い合わせをするか、「公益社団法人 総合紛争解決センター」のサイトで詳細を確認にしてみてね!

事件解決への第一歩は無料相談を活用することです

極意や方法を説明してきたけど、これらを踏まえて相談に行けば、よりよく無料相談を活用できるはず。

多くの場合、「無料相談の1度で解決できる」ということは難しい。

問題を迅速かつ自分に有利に解決するためには、無料相談を利用して法律的なアドバイスを受けた方が間違いない!

また、そこで良い弁護士さんと出会える可能性だってあるし、紹介してもらう事だって可能。

無料相談は、事件解決への第一歩であり近道と言ってもいいくらいなの。

悩みや問題がある方は、是非自分にあった無料相談窓口を探して気軽に相談に行ってみて!

サブコンテンツ