借金トラブルは弁護士の無料相談を活用

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

小銭しかなくて焦っている人現在、借金返済生活

どうにかしてお金を作りたいけど、いまの給料だと借金返済ができそうもない。

風俗など高収入の副業をするべきかどうか・・・

任意整理というものをしてみようかな…

そう思ったけど、カードが使えなくなるとかリスクがあって怖くて踏み切れない・・・。

「返せるはずだった借金が返せない」

「知らない間に連帯保証人になっていて借金を抱えた」という人。

お金の問題は親や知り合いにはなかなか相談できないと思うんだ。

逆に、必ず返すと言われたのに返してくれない友達や商品の支払いがされずに困ってないかな?

友人にお金を貸した。

自分も余裕があるわけじゃないけど、「返す」という言葉を信じていたのに・・・。

期限をしっかり設けて、必ず返す約束をしたのに・・・

売掛金が回収できない。

期日になっても返済されず、全然連絡も来ない。

1年近く請求書を出し続けているけど、支払ってこない・・・

連絡しても連絡はとれないし、払う意思が見受けられない!

このように、金銭トラブルと言っても色々とある。

大きくわけてみると、


お金が払えない人

お金を払ってもらえない人


てところだね。

どちらの立場にせよ、お金のトラブルには違いない。

そんなお金のトラブルを抱えてしまった人が、自分でどうにか解決するためにサポートしたいと考えたんだけど・・・。

自分で!というのは結構大変なんだよね。

実際に何百件以上も見てきたからわかる。

「お金が払えない人・お金を払ってもらえない人」

どちらも知識、精神力がないと解決するのは難しいと言えるんだ。

すんなりいかない状況だから困っていると思う。

それを知恵もなく「一気に解決」できるなんてことはまず無理だから…。

悩む男性それに、自分から行動して、進めていかなくてはいけないよ。

「なんで貸した方が!」って苛立つと気持ちも分かるし、「返せないのに自分から行動するなんてあり得ない」と思われそうだけど・・・

「お金を払ってもらえない人」は、さっさと行動しないと使われてしまったり、他に持っていかれてしまって回収できなくなる事だってあるんだよ!

これ以上待ってても返ってこないだろうし、嫌でも自分から動き出さないとだめ

そして、「お金が払えない人」は、今の状況を変えないと完済までの道は果てしなく遠いよ。

因みに、すぐに取り立てを止めたいという方は、基本的には弁護士に相談して依頼するのが一番だよ。

返済が遅れている状況であれば債権者が取り立てしてくるのは当たり前のこと。

取り立てをやめてもらうには、きちんと支払うしかないよ。

唯一、取り立てを回避できる方法は、弁護士や司法書士を代理人にするしかない。

もし、取り立てを我慢して、自分で考える時間を作ることができる人なら、自分で解決する道を模索しても良いと思うよ。

自分で解決する」となると精神的にもすごい疲れるから、それなりに覚悟はしないといけないよ。

そこで!

できれば弁護士に相談に行った方がいい!

少し助言をもらうだけでも「そういう手があったか!」なんてことも聞けるし、あらゆるケースを経験しているから、解決できる可能性が高くなる方法を知っている人だからさ!

弁護士に相談弁護士のサポートをうけておくことも自分で解決するためには必要だと思うな。

そのうえで、出来る範囲で自分でどうにかしたい!と考えているのであれば、少しでも役に立てる情報を紹介していくので参考にしてみてね。

よくある金銭トラブルと解決事例

自分で解決する方法を紹介するといったけど、金銭トラブルの種類によっても解決方法は異なるんだ。

例えば、借金は借金でも、消費者金融からの借金、闇金からの借金、友人・知人などからの借金、住宅ローンが払えなくなった場合、連帯保証人になってしまった場合の借金などがあるでしょ。

それぞれ、解決の仕方も異なるのね。

関連ページ
借金が返せない時に自分で解決する方法!消費者金融•カードローン•事業

連帯保証人・保証人債務の解決事例

友人に貸したお金が返ってこない!取り返す方法とは?

借りている業者が闇金かどうかを見分ける方法

お金が返してもらえなくて困っている人も、それが個人の方へ貸したお金なのか、事業とかの売掛金なのかでも回収の仕方は異なってくる。

また、消費者金融から借金している人が皆同じ方法で解決するってことでもないしね。

ここではよくある金銭トラブルについて事例を通して説明しているけど、個々の状況で具体的な解決方法と言うのは変わってくるから、参考までに見ておいてね。

それで、ちょっともう自分では無理そうかなと思ったり、悩みが解決できなかった人に関しては、弁護士の無料相談などを利用してしまったほうが間違いない選択だよ。

それと、
借用書(金銭借用書)がない場合にはどうなるの?とか、催告や代位弁済の手紙が来たけどどうなるの?など、具体的な答えがほしい場合にも、無料相談を活用した方が間違いないよ。

知恵袋などで質問して回答をもらうのも悪くはないんだけど、それってどこの誰だか分からない人の回答や意見だし、確実ではないよね?

とても大事な事だし、きちんとした専門家の意見を聞いてみた方がいいと思うな。

一応、どんなところで相談できるのかも紹介しておくね。

弁護士に相談と言っても相談先は一つじゃないからね!

弁護士の無料相談を利用する前に!相談先について知っておこう

弁護士への相談窓口 

・区役所による相談窓口
①相談場所 各市・区役所または支所
②無料となる相談内容 特に制限なし。一般的な相談が対象
③予約方法 電話か当日窓口受付が基本(相談場所で異なる)
④受付日時 各自治体によって異なる。週3日や週1日だけ、平日の日中など
⑤メリット 生活に身近な区役所という安心感
⑥デメリット 相談時間が20~30分と短く延長できない。
場所によっては週一しか受付していない。
日中のみ(数時間)の対応という場合もある。
人数制限あり(定員に達したら締め切り)
弁護士会による相談窓口(法律相談センター)
①相談場所 各弁護士会または相談センタ―(詳しくは各弁護士会のホームページから)
②無料となる相談内容 借金相談・金銭トラブル
③予約方法 事前予約制または順番制。場所によってはインターネット予約あり
④受付時間 月曜から土曜日
・9時から16時半までが一般的。夜間や日曜に対応しているセンターは一部となる
⑤メリット 公的な団体が運営しているという安心感
⑥デメリット 原則30分程度の短い時間での相談。延長した場合は有料となる
各事務所
①相談場所 各事務所
②無料となる相談内容 借金相談、金銭トラブルは無料なのが一般的
③予約方法 電話予約またはインターネット予約
④受付時間 平日9時から19時が基本。ただ、多くの事務所が相談者の都合にあわせて対応している
⑤メリット 相談日時が限定されておらず、自分の都合で相談日時を決められる
⑥デメリット 相談先を自分で探す必要がある

また、経済的に困っていて相談を悩まれているという方は、法テラスで無料相談できる可能性があるよ。

すぐに弁護士費用が用意できないなどの理由で相談を迷っているのであれば、法テラスの法律扶助制度を利用できるか聞いてみてね。

弁護士費用を立て替えてくれる制度で、月5千円か1万円での返済だから重い負担なく返済可能だよ。

詳しくは法テラスについての説明を読んでね。

また、自治体では高齢者の相談先についても案内しているよ。

東京なら高齢者・障害者総合支援センター「オアシス」
大阪なら高齢者・障害者総合支援センター「ひまわり」
愛知なら高齢者・障害者総合支援センター(アイズ)

詳しくは各自治体に!

関連ページ:法テラスの無料相談や法律扶助制度を上手に使って問題を解決しよう!

それと、金銭問題は相談先が多くて逆にどこに相談したらいいか迷ってしまうかもしれないけど、

自分の抱える問題に力を入れている弁護士を選ぶのがポイント!

特に売掛金回収とか住宅ローン問題、闇金問題とね

弁護士であれば対応してくれるとは思うけど、あまりよく分かっていない弁護士もいるから誰でもいいってわけではないし・・・。

だから、弁護士を選べる各事務所での無料相談を利用したほうがいいよ。

電話帳の広告やインターネット検索などでもある程度、「どういった内容の問題に力をいれているか」「多く取り扱っている内容はどんな問題か」を調べることが可能だから。

いくつかの無料相談を利用してきちんと解決してくれそうな弁護士を探してね。

警察にも届け出るべき金銭トラブル

電話とパソコン基本的には、金銭問題は弁護士や司法書士に相談した方がよく、「警察に行った方がいいの?」という質問があるんだけど、警察が動いてくれる金銭トラブルは限られているよ。

例えば、「友人にお金を貸したのに返してくれない」というようなことは相手にしてもらえない。

警察が相手にしれくれるのは、事件性がある場合のみだよ。

逆に、事件性があるなら「警察にも届けたほうがいい」とも言えるけどね。

具体的には、詐欺や悪質商法にひっかかったとか、闇金などからの取り立てで身の危険を感じている場合とかね。
ただ、証拠は必要だから用意してから行ってね

自分で解決するにしても無料相談は活用したほうがいい

一概に、金銭トラブルは全てが自分で解決できるとは限らない。

中には自分でどうにかできるトラブルもあるけど、最低限の法律知識は必要だし、交渉の仕方の知識もそれなりには必要。

ここにたどり着いた方は何かしらの金銭問題を抱えている状況だと思うけど、それがどんな状況でどんな問題なのかはそれぞれだと思うのね。

だから、「その問題は解決できるよ!」なんてことは言えない。

だけど、「自分で解決したいなら一度は弁護士に相談してみたほうがいい」というアドバイスはどんなケースにも言えることだよ!

その辺で集めた曖昧な知識や情報は問題をややこしくさせる危険もあるしね。

もし、既に弁護士への相談を考えているなら、すぐに行動するべきだよ。

それでもなお、自分でどうにかしたいと思っているのであれば、まずは解決事例やその説明をよく読んで、自分にも出来そうかどうか考えてみてね。

ただ、金銭トラブルはそうすんなり解決できないということは覚えておいてほしいな。

関連ページ
就学金のために借金をしてしまった人の解決策とは?社会人になってから実感した奨学金返済の苦労!

多額の借金から再起できた解決方法とは?ただの見栄っ張りで1500万も借金!

十分な収入がない人でも借金は解決できるのか?低収入のフリーター増加とともに借金苦に陥る若者が増加!

専業主婦が借金!収入のない妻の解決方法とは?

子供の学費が原因で借金まみれに!任意整理で立て直せ!

30代独身ダメ女の借金解決方法!ショッピングやエステで多額の借金!

年金受給者・生活保護受給者は借金生活から抜け出すことはできるのか?

年収300万円以下のOLさんの借金解決事例

勝手に連帯保証人にされていた! 返済する義務はあるの?

法律の素人が自分でできることには限界があるってこともね。

少しでも不安な気持ちや「どうにもなりそうにないな」と感じたら、早い段階で方向転換して弁護士のサポートをうけた方がいいからね。

無料相談を活用することで解決へと進むことは間違いないから、無料相談をうまく活用した方が間違いないってこと!

サブコンテンツ