離婚における住宅ローン対策!連帯保証人を抜けたい方必見

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

お金のことで困る男女離婚する際、「持ち家があり住宅ローンも残っている」というケースは多くあります。

その住宅ローン返済に関して、

妻も連帯保証人

連帯債務者

ペアローン契約者

このような場合には、必ず夫婦でローンについて考えておく必要があります。

既に、「連帯保証人や連帯債務者、ペアローンを解消したい」と思っている方も当然いることでしょう。

でも、連帯保証人等から抜けることは難しいことなんです。

住宅ローンは、借入先の銀行とローンの申込人との契約となり、「連帯債務者や連帯保証人」についても同様です。

何かしらの内容を変更する時には、必ず借入先の了承が必要になるんです。

たとえ離婚するからといっても、借入先には関係ないことです。

「離婚」を理由に契約内容を変更したくても、「夫婦間だけでは勝手にできない」ということです。

とはいえ、連帯保証人や連帯債務者のまま離婚するというのは、トラブルとなる可能性が高いのでやめておくべきです。

その立場のまま離婚してしまい、もしも元夫が支払えなくなれば、あなたが全てを払う事になるのですから・・・。

住宅ローン契約の内容を変更することはとても難しいことだけど、絶対にそのまま離婚なんかしないほうが良いのです。

どうすれば連帯保証人や連帯債務者から抜け出せるか、いくつかの方法を紹介します。

連帯保証人、連帯債務、ペアローンの違いとは?

住宅ローン契約において、連帯保証人、連帯債務者、ペアローンとなっている方!

どういったリスクを背負っているのかご存知ですか?

リスクを回避をするためにも、まずはご自分が置かれている立場を正しく知ってほしいと思います。

連帯債務とは?

連帯債務でローン契約をする場合というのは、契約当時に夫婦ともに収入がある場合。

夫婦の収入を合算して1つのローンを組むのが連帯債務契約になるんです。

この場合、持ち家(不動産)の所有者は夫婦二人となり、その比率は2分の1となっているはず。

登記簿謄本を見れば分かりますよ。

この契約でポイントとなるのは、借り入れについての負担です。

ケース1

4000万円を借り入れしたとすると、2分の1の2000万円ずつではなく、夫婦それぞれが借入額4000万円の債務を負うのです。

つまり、いくらか返済が終わり現在の借り入れ残高が3000万円だったとしたら、夫も3000万円、妻も3000万円の債務を負担していることになるんです。

もし返済が遅れれば、借入先の金融機関はどちらに対しても返済を求めることができます。

ペアローンとは?

夫婦がローンを組むという点では連帯債務と、似ていますが内容が異なります。

ペアローンは収入合算ではありません。

夫も妻も1つずつ住宅ローンを組むことになり、1つの持ち家に対して住宅ローン契約が2つになるんです。

例えば、
3000万円の借り入れをしたい場合でペアローンにすると、夫が2000万円のローン、妻が1000万円のローンを組むという感じですね。

持ち家の所有者は夫と妻となりますが、その所有比率は借入額に応じて決まるので、上記の例の場合で言えば夫が3分の2、妻が3分の1となります。

更に、ペアローンの特徴はもう一つ!

それぞれが相手の連帯保証人になることです。

妻は夫の、夫は妻の連帯保証人になるというのが通常なので、どちらかが返済できなければ、もう片方に請求されることになります。

連帯保証人とは?

1つのローンに対して、夫が借主(主債務者)、妻がその連帯保証人となる契約となるのが通常です。

この場合、夫が借主で主契約者となるので、持ち家の所有比率は夫が100%の持ち分になります。

また、主債務者の夫がきちんと返済している限りは連帯保証人に対しての請求はいきません。

返済が遅れた場合には連帯保証人に請求がいくことになります。

全てに共通していることは、相手の返済が滞れば、全ての負担が自分に来るということですね。

離婚をしたのに別れた相手の負担を自分が被るなんて嫌ですよね。

だからこそ、絶対にそのままにして離婚なんてしてはいけないんです!

まずは借入先の銀行でローンの組み換え交渉をしてみよう

現在、契約している銀行にまずは組み換えができるかを交渉してみましょう。

残債額や夫の現在の職業や収入、またはある程度のお金を入れる。

他の連帯保証人を立てるなどによっては組み替えてくれて、今の立場から抜けられることもありますよ。

それぞれ具体的に言えば、ペアローンの場合なら、妻の負担分(妻の残債分)を用意できれば組み換えできる可能性が高くなります。

連帯債務の場合なら、夫の給与が収入条件を満たしていて残債額が少ないとかであれば、可能性は高いと思われます。

連帯保証人の場合なら、他の連帯保証人を立てることやまとまったお金を入れたりすることで抜けられることもあるでしょう。

組み替えが無理なら借り替えを検討しよう

組み替えが出来ない場合、次は「借り換え」を検討してみましょう。

他銀行への借り換えで夫の単独ローンにできれば、連帯保証人等からは抜けられますから!

借り換えとは?

現在の金融機関ではなく、他の金融機関でローンを組み直すことを借り換えといいます。

なぜ、このような仕組みがあるのかと言うと、よくあるのが金利の見直しです。

例えば、今のローンの金利が3%だとして、それよりも低い2.7%のところがある場合。

たった0.3%との違いですが、「ローン残高が多い残りの返済期間が長い」などのローンの場合。

少しでも低金利にすることで百万単位の額がお得になることもあるんです。

このように、住宅ローンは他の金融機関を利用して乗り換えることができるうえ、ローン内容を変更することが可能なんです。

もちろん、連帯保証人等を解消する場合にも使えますよ。


当初の借り入れ時よりも夫の収入が上がっている

妻の残りの返済分を支払ってしまえる資金がある


このような場合は夫の単独債務での借り替えの可能性は高くなると思います。

とにかく、金融機関次第です!

  • 収入条件が満たせば連帯保証人不要
  • 保証協会に加入できれば連帯保証人不要
  • 団信を利用できれば単独債務が可能

金融機関によって審査も条件も異なります。

1社がダメでも諦めないで、借り換えできる金融機関を探してみましょうね!

借り換えができた場合の注意

連帯債務やペアローンから単独債務に変更するということは、妻の分も夫が負担することになります。

これが金額によっては、「贈与税」の問題が生じてくるのです。

もしも贈与税が発生する場合には、妻の不動産持ち分を夫へ負担付贈与することで回避することができる場合もあります。

詳しくは、借り替え先の金融機関や専門家に相談してください。

組み替えも借り換えも無理だった場合には売却を検討しよう

様々な事情から組み替え、借り換えが出来ない場合もあるでしょう。

離婚後のあらゆるリスクを考えると、やはりそのままの状態で離婚することは絶対にやめておくべきです。

それに、連帯保証人等でいることは、ローンが支払い終わるまで
「ずっと元夫との関係を切ることができない」という事になるんですよ。

そこで、次に考える事は売却です。

特に、家を売却すればローン債務が無くなるという「アンダーローン」の場合なら、売却によって夫との関係は解消されます。

仮に、売却しても債務が残るというオーバーローンであっても、少しでもローン債務を清算しておくべきです。

いざと言う時の負担しなくてはいけない債務を減らせることができますよ!

オーバーローン状態の自宅を売ることについては、別途詳しく説明していますので、参考にしてください。
関連ページ:任意売却とは住宅ローンを払えない場合の解決方法

まとめ

連帯債務、連帯保証人、ペアローンの状態を解消できる可能性はあります

とにかく諦めず、借入先の銀行や担当者に相談してみてください。

1か所から借り換えを断られたからといって諦めてはいけません。
別の借入先を検討しましょう。


それでも借り換えが出来ない場合には、任意売却を検討ですよ。

絶対にそのままにして離婚なんかしないほうが良いですからね。
関連ページ

離婚問題を得意とする弁護士事務所の一覧

住宅ローン返済中の離婚にはトラブルがつきもの!連帯保証人や連帯債務等でお悩みの方必見!

離婚に関する悩みや不安・トラブルを有利に解決する!

離婚に伴う財産分与・養育費・慰謝料の問題は弁護士の無料相談で解決!

サブコンテンツ