年金受給者・生活保護受給者は借金を解決出来るのか!?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

年金暮らしの父親に借金が!どうしたらいいの?

年金受給者・生活保護受給者の借金私は現在生活保護を受けている。父親年金暮らし

これは半年前に決断してこと。

今から1年半前までは普通に仕事していたのだけど、精神的なダメージからうつ病に・・・

職場には1年間の休職を受け入れてもらえたものの、復職できる気持ちにはなれなかった。

会社とは1年間という話をしていた。

復職出来ないことを伝えると「退職願の書類」が送られてきた。

要は、「自主退職しろ」ということだ。

このまま会社にしがみついているより、退職してしまったほうがスッキリすると思い、自主的に辞めることにした。

問題はお金のこと・・・

それまでの貯金も休職中に殆ど使い果たしてしまっていたため、生活が厳しくなってきた。

父親がいるが年金暮らし・・・

頼れるわけもなく、生活保護の申請をすることに。

そして私は、生活保護受給者となった。

これを機に、私は1人暮らしを辞めて父親と生活することにした。

父親と生活するのは20年ぶり。

父親も既に70近かったため、丁度良かったのだと思うようにした。

私自身も退職をしたことで、仕事の事はゆっくり考えよう。

生活はギリギリだけど生活保護のお金と父の年金でどうにかなる。

気持ちは前向きだった。

父親に借金があることが発覚!!!

年金暮らしとはいえ、退職金もそれなりにあって不自由なく生活していると思っていたのに・・・。

どうやら4年前から借金生活になっていたようだ。

その理由はパチンコ。
借金の額は200万だった。

ギャンブルなんて大嫌いだった父親がなぜ???

IMG_4303「やることがなくて・・・」

仕事を退職してから何をしたらいいのか分からず、時間を持て余していて、なんとなくやってみたらのめり込んでしまったと・・・

特別、何の趣味もなかった父だったので、私も心配していたことだった。

でも、たまに電話して様子を聞いても、
IMG_4303「それなりに楽しくやっているよ」
という回答だったので、その言葉を信じて安心していた。

父が語った借金の事実


IMG_4301「「貯金は?」
IMG_4303「もうない・・・」

IMG_4301「0円ってこと?」
IMG_4303「ああ・・・。パチンコに使ったのと返済で・・・」

IMG_4301「どうすんだよ!この借金?」
IMG_4303「家でも売るしかないよな・・・?」

IMG_4301「家を売る?住むとこなくなるじゃんか!」
IMG_4303「アパート暮らしするしかないよな」

IMG_4301「この借金、今はどうしてるの?」
IMG_4303「返せないから返してない」

IMG_4301「は?いつから」
IMG_4303「ここ3カ月くらいは返してない。それまでは他の金融会社から借りては返してをしていたんだけど」

IMG_4301「こうなる前に言ってくれればよかったのに」
IMG_4303「心配や迷惑をかけれないだろ」

IMG_4301「そうだけどさぁ。これどうすんだよ・・・」


200万というこの借金。

私と父には大問題!

私は15万程度しか残っていなかった。

父親の年金と私の生活保護費が入ってくるものの、借金を返済できるほどの余裕はない状況だったから。

弁護士につないでくれた精神科医の存在

一人寂しい父をほっといた自分も悪かったのだと、責任を感じていた。

それに、このまま放っておくわけにもいかないと・・・。

少ない貯金を下ろして、ある分だけを債権者に返済した。

それで借金がどうにかなる事はないし、減ったといえども微々たる金額。

残りの180万をどうするか・・・。

とにかく少しずつでも返していくしかなく、父にもギャンブルを辞めるように言い聞かせた。

しかし、どうにも出来ない状況に悩んだ私は、自身のクレジットカードのキャッシング枠を利用して返済してしまった。

生活保護受給中に借金をすることはどうなのか?

受給したお金を返済に回していいのか?

そんな心配もあったけど、そんな事はどうでもよくなるくらい追い込まれていた。

一時はよくなりつつあったうつ病も再発。

病気と借金

何の希望もなくなり、全てが面倒に・・・。

父と一緒に死んでしまった方が楽な気がする。
どうやって死のうかと考える日々。

あまりのストレスから寝ることさえできない状況だった。

そして、かかりつけの精神科医に薬をもらいに行くことにした。

病気と借金

何の希望もなくなり、全てが面倒に・・・。

父と一緒に死んでしまった方が楽な気さえして、どうやって死のうかと考える日々。

あまりのストレスから寝ることさえできない状況で、かかりつけの精神科医に薬をもらいに行くことにした。

IMG_4301「先生、ここに来るのも今日で最後にします。私にはもう薬は必要なくなりますので。」
IMG_4308「何かありましたか?」

IMG_4301「もう無理なんですよ」
IMG_4308「何が無理なんですか?」

IMG_4301「全てです」
IMG_4308「全てとは?」

IMG_4301「年金暮らしの父に借金があって・・・。貯金もなし。返すお金もない。どうにかしてあげたいけどこんなですし。私にも借金ができてしまって・・・。もう無理なんですよ」」

IMG_4308「そうでしたか。それは本当に大変でしたね」

IMG_4301「はい。父親には申し訳ないけど、どうにもならないんです」
IMG_4308「だからと言って死ぬにはまだ早いですよ」

IMG_4301「もういいんですよ・・・」
IMG_4308「きっと大丈夫ですよ」

IMG_4301「先生、気軽に言わないで下さいよ」
IMG_4308「私は本気で言ってますよ」

IMG_4301「どうしろっていうんですか?」
IMG_4308「ちょっと待っててくださいね」


そういうと、先生は席を外し、5分くらいして戻ってきた。

IMG_4308「明日、何かご都合はありますか?」
IMG_4301「ないです」

IMG_4308「お父さんの方も?」
IMG_4301「父もありませんよ」

IMG_4308「それなら、明日の午後1時にここへお父さんも連れて行ってください」

渡されたのは弁護士事務所の場所が書かれたメモだった。

IMG_4301「弁護士のところですか?」
IMG_4308「そうです。きっとどうにかしてくれますから」

IMG_4301「でも、お金がありませんよ!」
IMG_4308それも大丈夫です。私の方からあなたが行くと伝えましたから、とにかく行ってみてください」

IMG_4301「先生、いきなり弁護士のところなんて・・・」
IMG_4308「あなたの口から死ぬなんてことを聞いたのは初めてです。それは借金のせいですよね?」

IMG_4301「・・・」
IMG_4308「だとしたら、あなたの気持ちを以前の状態に戻すためにも、まずは借金の解決をしましょう」

IMG_4301「そんなに簡単に言いますけど、無理だと思います」
IMG_4308「気が乗らないのはわかりますが、話を聞くだけでも行ってみてください」

IMG_4301「分かりました・・・」

借金の内訳

私名義のもの

ニコスカード 50万/td>

父親名義のもの

クレジットカード 30万
プロミス・アコム 120万

自己破産の悪いイメージ!知識不足による間違いだった

弁護士を紹介されたことを父にも伝えると、父は嫌がった。

私は父を説得。

IMG_4301「俺だって嫌だよ。だから、もう死ぬしかないと思っている。ただ、最後のかけで行くだけは行こうと思う」

父は黙り、弁護士事務所について来てくれた。


弁護士は、私たちの債務状況や収入の状況を聞くと、「自己破産」がいいと・・・。

私は出来れば自己破産だけはしたくなかった。

IMG_4301「やはり、生活保護では返済するのは無理ですか?自己破産以外に何か方法はないですか?」

IMG_4302「仕事は当分決まりそうにない状況ですよね?」

IMG_4301「はい。でも、自己破産するのは嫌です。怖いんです!」

IMG_4302「そんなに自己破産って怖いイメージですか?」

IMG_4301「何か制限があったり、破産すれば他の人にばれたり。今は病気だから仕事できないけど、そのうち仕事始めます。バレるんじゃ?債権者にだって何言われるか分かりませんし。もう自殺するほうがいいのかと・・・」

IMG_4302「落ち着いて聞いてくださいね」
IMG_4301「・・・」

IMG_4302「制限があるといっても職業制限で一時的なものですから関係ありません。また、自己破産すると官報というものに記載がされますが、一般の方で見る人はいません。
復職の際も心配はないと思います。また、自殺を考えるくらいであれば自己破産したほうがいいです。 破産後も普通に生活はできます。債権者はあなたには何も言ってきませんよ」

IMG_4301「そうなんですか?」
IMG_4302「ただし、家があるのでこれだけは処分することになります」

IMG_4301「やっぱりそうですよね。そうなると家具とか全部をもっていかれますよね?」

黙っていた父が、

IMG_4303「家を売る覚悟はできています。しかし、自己破産をお願いする費用がありません」

IMG_4302「その点ですが、まず代理援助制度を利用したいと思います。家具や生活に必要な物は残せますので大丈夫ですよ」

IMG_4301「なるほど・・・。その代理援助とは?」

IMG_4302「弁護士費用の立て替えをしてもらう制度ですね。前は法律扶助って言われていたもので、立て替えてもらって少しずつ返済するという」

IMG_4301立て替えですか。借金ですよね?

IMG_4302「借金と言えばそうですが利息はありませんので少し違いますね」
IMG_4301「いくら払えばいいんですか?」

IMG_4302「おそらく、息子さんのほうは生活保護を受けてますし、当分お仕事は無理との診断書もつけれるので、返済が免除になるかと。」

IMG_4301「つまり、費用がかからず先生に自己破産をお願いできると?」

IMG_4302「そうですね。ただ、お父様の方は年金があるので返済することにはなりますが、高齢なので一部免除になると思いますし、月5000円から1万円の返済かと」

IMG_4301「そういうこともあるんですか・・・」

IMG_4302「家がありますので少額管財事件となり裁判所に払う予納金20万円が必要になります。これはご負担することになります。ただ、破産申し立てまでに少し時間がありますので、それまでに貯めていただければ大丈夫かと」

IMG_4301「つまり、20万円を貯めてから申立すると?」

IMG_4302「そうですね。お父さんの年金と家賃はないので月5万円は貯めれそうかと?」

IMG_4301「できると思います」
IMG_4302「それでいきましょう」

IMG_4301私たちの借金、先生にお願いして解決できるということですか?

IMG_4302「家があるので、長ければ1年近くかかるかと思います。解決はできますよ」

IMG_4301「ありがとうございます。お願いしてよろしいですか?」

IMG_4302「わかりました。では代理援助の申し込みからしましょう。実際には破産手続きの準備に入るのは代理援助の決定がおりてからになります」

IMG_4301「債権者から電話きたらどうしたらいいでしょうか?」

IMG_4302「法律扶助に申し込んで弁護士にお願いすることになったと正直に伝えていただいて構いません」

IMG_4301「わかりました」

IMG_4302「あ!生活保護費から借金返済はダメですよ。しないでくださいね

IMG_4301「でも、債権者への返済が・・・」
IMG_4302「もうしないでいいですよ」

IMG_4301「そうなんですか?」
IMG_4302明日にでも債権者に対しては受任通知を出します。届けば連絡も来なくなります

IMG_4301「本当にありがとうございます。よろしくお願い致します」

 代理援助の審査と決定

法律扶助(代理援助)の申し込みに当たっては、弁護士から言われた書類(年金受給証明書や生活保護証明書の写し、財産や収入がわかる書類など)を用意した。

弁護士の方から申し込みをしてくれたお蔭なのか、個人面談はなく書類審査で終わった。

2週間後には決定もでた!

弁護士が言っていたとおり私の方は免除されることになった。

ただ、父親については償還額の減額はされたものの、少額管財事件ということから予納金20万円は自分で用意することに。

また、返済については2カ月後からのスタートで月々5000円になっていた。

自己破産申し立てから免責まで

弁護士にお願いしてから約5カ月後、予納金の20万円が貯まった。
それを受けて弁護士によって私と父の破産の申し立てがされた。

私の方の手続きは約3カ月で何事もなく終了し、免責許可及び認可されて借金はすべてチャラに!

しかし、父親の方は持ち家があり管財人という弁護士が選任されて配当までをすることになるので、やはり長ければ1年近く要するとのことだった。

ただ、この間は自宅に住み続けていいということ。

弁護士からはこの期間中にアパートに引っ越すための費用を貯めてアパートを見つけるようにと!

父の申立については、破産管財人という弁護士が決まり面接する日が決められた。

面接については時間的には30分程度で終了。

聞かれたのは借金についてや財産のことなど。

これが終わると、管財人による調査や準備が行われて債権者集会が開かれた。

集会と言っても、実際に参加してくる債権者はおらず無事に破産手続も終了した。

因みに、債権者が消費者金融などだと、参加しないのが一般的らしい。

そして、破産手続きが終了したと同時に免責審尋があり、特に問題なければ免責へと。

これらはすべて勝手に進行されるため、詳しいことはよく分からないけど弁護士から始めに説明されていたし、事務所からの経過報告があったので安心して待つことができた。

申立から10カ月頃、

ついに裁判所からの免責決定が下りた

その一カ月後には免責決定が認可されたとの報告が!

これで完全に借金の返済は免除されて父も私も債務者という立場から脱することできた。

解決できた今だから思う事

父も私も自己破産については悪いイメージしか持っていなかった。

それに、借りたものを返せなかったという罪悪感が残るのではないかと・・・。

そういうのを一生引きずるのが嫌だった。

しかし、全てを終えた今、恥ずかしい気持ちはあるけど、父の残りの人生と自分の将来を考えると良かったと!

また、父が一生懸命に働いてきて建てた大事な家を失うことになったのは残念だけど、死ぬことを考えていた自分とその言葉に対して何も言わなかった父。

私たちにとってはそれほど大したことではなかったように感じている。

現在、普通の生活を遅れています。
精神的にも追い詰められていません。


自己破産という方法によって、困難な状況から抜け出せて本当に良かった!

関連ページ
ローンや借金の返済が厳しい方!自己破産をした方が良いケースもあります

借金問題を得意とする弁護士事務所の一覧

サブコンテンツ