勝手に連帯保証人にされていた! 返済する義務はあるの?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

借金を息子に押し付けた親!

19歳 借金総額600万 父親に勝手に保証人にされていた

勝手に連帯保証人にされていた! (1)600万払えって書いてある手紙が、何の前ぶれもなく俺のもとに届いた。

そこには、俺が連帯保証人だと記載してある。
親父の借金の保証人なっているとね。

俺、保証人になった覚えはない・・・。

親父に電話したけど着信着拒されてるし、どこにいるんだか分からない。

俺は働いていたけど、当時はまだ19歳!

なんでこんなクズの所に産まれてきたんだよ・・・って、本気で親を恨んだね。

債権者から電話がきてさ、俺に言うわけよ。
「払え」ってね。

19歳の俺に600万なんて払えるわけないじゃんね。

それに、俺は本当にこの契約には関与してないわけ!

だから、「本当に知らない」と債権者に説明したよ。

そしたらさ、契約書のコピーと印鑑証明書のコピーが送られてきたんだよね。

なんで俺の実印が押されてるんだ?ってビックリ。
だって、俺は親父に印鑑を貸した覚えもないからね。

だけど、契約書に書かれている字がやっぱり俺の字じゃなかったんだよね。

親父に勝手にやられたってこと。

債権者にもすぐにそう説明したけど、「書類が揃っているから問題ない」とか言ってきて、何を言っても聞いてもらえなかった。

この借金、本当に俺が払わなくちゃいけないわけ?

どうやって説明すれば身に覚えがないことだと信じてもらえるの?

全然分からなくて参ったよ。

だけどね、自分の子供を勝手に連帯保証人にすることってたまーにあるんだって。

19歳で無知の俺は、最終的に弁護士がどうにかしてくれて解決できたんだけど、俺以外にもいるんじゃないかな?

知らない間に勝手に連帯保証人にされてしまって困っている人って。

俺もそうだったけど、突然そんなことになったらどうしたらいいのか?なんて分からないと思うんだよ。

だから、


俺が解決するまでの中で知ったこと

誰もが知っておいたほうがためになること


それを伝えたいなって!

特に、俺みたいな思いをしている人にはね!

自分がそうなったから分かるけど、なんで自分が?って思っているでしょ?

でもね、ただそれを言ってるだけじゃどうにもななんないよ。

きっと参考になると思うから読んでみてほしい!

自分の身を守るには行動を起こさないと始まらない

俺と連絡を取り始めた債権者は、親父に催促するのは諦めたみたい。

俺にしつこく払えと言ってくるようになった。

俺にしてみれば、本当に迷惑な話だし、身に覚えのない連帯保証債務でなんで俺が?って感じ。

いくら実印が押されていようが俺の字じゃないんだからさ。

だけど、債権者ってやつはなかなかしつこい。

電話でるのもやめて無視していたら、債権者から内容証明とやらが届いた。

「借用書には連帯保証人としての署名捺印がある。印鑑証明書だってあるから連帯保証債務は有効だ」みたいなことが書かれていた。

さすがにさ、なんかこんな正式な文書できちゃうと俺も少し怖くなってきた。

だから、職場の大人に相談してみたんだけど、

「とりあえず法テラスに電話して行け」

「無料で相談できるから市役所行って来い」

「弁護士に相談したほうが早い」

って、かなり強く言われたよ。

でもさ、

「無料相談ってどこまで真面目に相談にのってくれるの」

「弁護士とかって未成年の俺をまともに相手にしてくれるの」

とかね、すごい不安があったんだよね。

俺は法律相談に行くべきかどうか悩んだ。

しかし、通知書をもう一度読み返すと、「7日以内に支払え」なんて無理な事が書いてあって、「それをしないなら法的手段をとる」って。

これヤバイじゃん!

もう弁護士になんとかしてもらうしかないって思って行ってみた。

弁護士に相談してみた!!

結果、高校中退の俺には難しいことばかりでかなり参った。

でも、行って間違いなかったね。

IMG_4159「それは無権代理行為ですね。たとえ親であろうがそのような行為は認められません。無権代理行為によって名前を使用されたあなたは返済する義務を負うことはないのです」

これ分かる?

俺、最初何を言っているのか全然わかんなくってさ、結局は俺はどうなるわけ?って感じだったよ。

IMG_4226「結局、俺は親父の代わりに返さなくていいってことですか?」

IMG_4159「そうです」

それを聞いてやっとひとまず安心できた。

しかし、次のような事をしてしまっていたら、返す義務があると説明された。

返す義務がある場合

IMG_4159「債権者からの請求には応じてませんか?」

IMG_4226無視してたんで払ってません」

IMG_4159「1円もですか?」

IMG_4226「はい。」

IMG_4159「それなら大丈夫です」

IMG_4226「払っちゃうとまずいんですか?」

IMG_4159「はい。勝手に借金の保証人にされていた場合でも、債権者から請求されてその一部でも返済をしてしまうと、無権代理行為を追認したことになります。そうすると、請求されている全額の返済義務が生じます」

IMG_4226「なんですか、追認って?

IMG_4159「返済する義務があるということを、自分で認めてしまう、ということです」

なんと!

何もしなければ返済義務がなかったのに、1円でも返しちゃうと全部の借金を認めることになるとは・・・。

IMG_4226「だからさっき1円でも返してませんよね?って聞いたんですか?」

IMG_4159「そうです!」

危ない!!1円でも払ったら認めてしまったことになっていた・・・

IMG_4226「だけど、勝手にされたこととはいえ、とりあえず少しだけ返しておこうって・・・俺も少し返しておいたほうがいいかなって思ったし」

IMG_4159「そうですね、ですがそれは絶対にしてはいけません。」

ここが俺にとっては大きなポイントだった。

取り立てがうるさいから「少し払うかな」って気にもなったこともあったけど、しなくて正解だった。

俺みたいに勝手に連帯保証人などにされている人がいたら、これは十分に注意したほうがいいね。

もしかすると、中にはそういう事を知っていて、しつこい取り立てとかをしてくる債権者とかもいると思うんだよね。

しつこい取立て!!どうしたらいいのか?

IMG_4226それで俺はどうしたらいいですか?無視しておけば大丈夫ですか?

IMG_4159「それは違います」

IMG_4226「え?だって、本当に勝手にされたんですよ」

IMG_4159それは分かります。借用証にはあなたの名前と実印が押されており印鑑証明もある。書類上の不備はありません」

IMG_4226「そんなの親父が勝手にやったと思うんですけど」

IMG_4159「それはあなたの言い分であって、それが事実かどうかを証明しなくてはいけません」

IMG_4226「なんで俺が?」

IMG_4159「あなたが嘘をついている可能性だってあるからです」

IMG_4226「は?先生は俺が言ってることが嘘だと?」

IMG_4159いいえ!債権者を納得させるためには、証拠をしっかり示してこそ、あなたが言っていることが正しいと証明できるってことです

IMG_4226「証拠って言っても・・・ないですよ」

IMG_4159とりあえずは、内容証明で通知した方がいいですね。それでも請求してくるようなら、債務不存在確認請求をやるしかないでしょうね」

IMG_4226「なんですかそれは?」
IMG_4159「裁判です」

手続きがたくさんあり不安いっぱい・・・

IMG_4226「え!裁判をやるんですか?」

IMG_4159「はい。それがよいかと思います。ただ、その前には内容証明です。債権者に対して、返済義務がない旨の通知をします。それで駄目なら裁判で争うという流れが良いかと」

IMG_4226ちょっと待ってください。未成年だし馬鹿だし、裁判とか内容証明とか言われても・・・

IMG_4159「難しいことは書かなくて大丈夫です。自分には請求されるような債務がないという主張を理由をつけてすればいいだけです。裁判はその次ですね」

IMG_4226「でも、内容証明でもダメなのに、裁判したってダメなんじゃ?俺の言い分が認められますかね?」

IMG_4159「筆跡が異なるので認められる可能性は十分にあるかと」

IMG_4226「認められるとどうなるんですか?」

IMG_4159「連帯保証債務は無効だという判決が出ます。債権者も認めざるを得ません。あなたへの請求が出来なくなります」

IMG_4226「俺は親父の借金に関係がなくなるってことですか?」
IMG_4159「はい。そうです」

IMG_4226「それ以外に方法は?」

IMG_4159「書類が揃っているため、連帯保証人から逃れる方法はないかと。とにかく、あなた自身から行動を起こさないと今の状況は変えられません」

連帯保証債務が無効だと証明するための戦い!

勝手に連帯保証人にされてしまった俺。

「契約は勝手にされたわけだし、払う必要もなければ関係ない」と当然考えていた。

しかし、こうなるともう、腹が立つけど俺が自分で「勝手にされたことだ」って証明しないと、何も変わらない厳しい状況だという事が分かった。

確かに、債権者には何度も勝手にされたことだと伝えているけど、全然話を聞いてくれない。

納得はいかないけど、親父の借金を返すか、行動を起こすしかない状況だった。

ただ、問題は内容証明をどうするか?

学もないし、文章を書くなんてことはもっとも苦手な俺・・・。

知り合いなどに相談して、文章を考えてもらった。

そして、どうにか自分で書いて出してみた。
俺が書いた主な内容は、

・請求されている 金600万円は、意思なくして勝手に作成された借用証により請求されていること

・筆跡が異なること

・父親に実印を勝手に持ち出されたこと

・父親により印鑑証明を勝手に提出されたこと

これらによる理由から不当な請求であると説明した。

最後には、この通知をもっていかなる債務も存在しない事を確認する旨を書いた。

不安はあったものの、弁護士にお願いすると費用もかかる。

とりあえず自分でやれることはと。

まぁ、これで駄目なら弁護士にお願いして裁判するしかないとは思っていたけどさ。

内容証明を出してから1週間後のことだった。

債権者からも内容証明が届いた。

やはりダメで、「書類上不備はない」と主張してきて、支払いを求めてきた。

もっと面倒なのは、「給料の差し押さえをする可能性もある」という内容だった・・・。

「まじかよ!」

俺は、それは困ると思い、すぐに弁護士に相談することにした。

再度弁護士に相談

IMG_4159「相手が態度を変えないなら、裁判してしまったほうが早いかもしれませんね」

IMG_4226「先生にお願いしたいけど、費用はどうなるんですか?」

IMG_4159「弁護士費用ですが、経済的利益というのが基本になります。着手金と報酬金、実費になります」

IMG_4226「着手金と報酬金?」

IMG_4159「弁護士へ依頼する時に支払うお金を着手金と言います。

その着手金は、『相談者が弁護士へ依頼したことで得する予定の金額』を元に計算されます。

その他にも、弁護士への依頼がすべて完了した際に支払う報酬金というものもあり、これも『相談者が弁護士へ依頼したことで得した金額』を元に計算して支払うことになる。

ちょっと複雑ですが、2種類の報酬が発生することが一般的です。」

IMG_4226「俺の場合は経済的利益は?」

IMG_4159「600万円の借金がなくなるようにする依頼を受けますので、600万円が経済的利益になります。」

IMG_4226「弁護士費用はいくらになるんですか?」

IMG_4159「600万円を弁護士費用のベースと照らし合わせ着手金39万円、報酬金60万円となります。」

IMG_4226「そんなに・・・。」

IMG_4159「ただし、今回の場合には通常通り算出してしまうと費用が高額になり、相談者の方の負担が大きくなりすぎますので、金額を調整いたします」

IMG_4226安くしてくれる?ということですか?

IMG_4159「はい。着手金は民事案件の最低金額となる20万円、報酬金は半額の30万円で対応致します」

IMG_4226「それでも50万かかるんですか。でも、やらないと600万の請求をどうにもできないんですよね?」

IMG_4159「600万円払うことになりますね。私の方で委任を受けた場合には、裁判前に一度交渉をしてみますが、それが受け入れられないとなると裁判しかありません」

IMG_4226「分かりました。お願いします」

「弁護士費用でも値引きがあるなんて!意外だったな・・・」

異なる筆跡が決め手となって連帯保証債務が無効に!

委任を受けた弁護士は、債権者に対して交渉をしてくれた。

しかし、やはり相手は態度を変えなかったらしい。

結果、すぐに裁判をすることになったが、6カ月から10カ月はかかるかもしれないという説明があった。

もうお願いした以上、お任せするしかないという感じだけど、それにしても裁判ってやつは長くかかるものなんだなって思ったよ。

まぁ、弁護士が代理人になってからは、あのうるさかった請求もなくなったし、俺は日常生活を取り戻せていたからいいんだけど。

これも50万という弁護士費用を払ったお蔭かな。

それに、時間がかかる裁判のことや不安だった日常から逃れられたことを考えると、50万という費用はそれほど高くないのかもしれない。

実際に、俺一人じゃ何もできなかったしね。

相変わらず親父も俺からの連絡を無視していてあてになんないし。

「ふざけんな」って感じだったけど、解決に向かっていたから気持ちの整理もどうにかできていた。

弁護士からも裁判がある時にはちゃんと報告がきて、どんな感じか説明してくれたから安心できた。

だから、俺は普通に働いて、以前のような生活を送っていられた。

そして、裁判所に訴状を提出してから約7カ月後。

やっと判決も出た!

裁判では、俺の保証債務が存在しないと認められた。

これで俺には何の義務もなくなった。

関連ページ

借金問題を得意とする弁護士事務所の一覧

連帯保証人・保証人債務の解決事例

サブコンテンツ