専業主婦が借金!収入のない妻の解決方法とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

贅沢もしていないのに多額の借金!主婦が借金をしてしまった理由とは!?

専業主婦が借金!
パート勤めをしている主婦。

夫に内緒で借金をしていた過去がある。

借金の内訳

夫名義のもの

Aカード キャッシング50万円
Bカード リボ残高45万円

私名義のもの

レイク 30万円
プロミス 20万円
地方銀行ローン 30万円
地方銀行ローン 40万円

この夫名義の借金というのは、私が夫のカードを内緒で利用してこしらえたもの・・・。

家族の生活費のためだし仕方ないと思ってやったことだけど、今思うと夫婦といえども内緒で勝手に使うのは犯罪ですよね・・・。

そして夫ですが、私が借金していたことには全然気づきませんでしたね。

額が増えるたびに怖くなり、何度か「夫に打ち明けよう」と思ったこともあったけど、「どうしよう、どうしよう」と考えるだけで打ち明けることはできなかった。

夫に打ち明けられず・・・

債権者からの電話も頻繁になるようになって、怖くて出られない状況にもなった。

常にサイレントにしていたことも・・・。

「なんでこうなってしまったんだろう」と悩んでいました。

夫の収入は年収700万円くらいはあったけど、我が家には子供が2人いて、生活費としてもらえたのは毎月6万円。

かなり厳しかった。

贅沢していたわけでもないし、ギャンブルやショッピングで借金したわけでもない。

単純に生活費の不足。

月6万円で食費や生活必需品だけなら余裕だったはず。

ただ、うちの場合にはそこから子供のお小遣いや交通費、洋服代などの雑費や医療費、学校の集金なども払っていたので、時には足りない状況もあった。

不足しても、始めのうちは結婚前の私自身の貯金があったからでどうにかなった。

しかし、その貯金もそこをつき現金が足りない時がついに来てしまった・・・。

この時点で夫に相談したけど、
IMG_4682 「無駄遣いしなきゃ足りるだろ」

と言われ、私のお金の管理がなっていないことを責められてしまった。

夫の収入で住宅ローンを支払い、食べさせてもらってるだけでありがたいと思いなさい!という事なのか・・・?

自分がいけないのか?

色々と葛藤はしたけど、結局それ以上は言えなかったんです。

だから、生活費が不足したときは、ポイントが付くという理由で作ってあったカードで支払いをすることに!

ただ、そのカードを利用した際に引き落とされる口座は私自身の通帳。

既に残高ゼロの状態だったので、当然、残高不足で支払いの請求がきた。

夫にうるさく言われるのが嫌で、この支払いのためにキャッシングをしてしまったんです。

最初はたったの2万円だった。

初めての利用でドキドキしたけど、あまりにも簡単にお金を借りられてしまった。

夫にうるさく言われるのが目に見えていたので、簡単に借りられるキャッシングに手を出すようになってしまいました。

これが癖になっちゃったんです。

みるみるうちに膨らむ借金!返したくても返せない現状

キャッシングやカードは普通の感覚を麻痺させるものだと感じた。

それまでは、お金が足りなくなりそうになると凄い焦ったりしていたのに、キャッシングを利用するようになってからは気が楽になっていた。

自分でも不思議だけど、感覚がマヒしていたと思う。

とはいえ、借りたはいいけど全て返済してしまうと生活が出来ないので、返済は3割程度だった。

足りない分はまた借入れしてしまうという状況で乗り切っていた。

これを繰り返していたため、当たり前だけど額は減ることなく増えました。

それも見る見るうちに・・・。

既に、この時にはカードの支払いが20万。

消費者金融からは2社で30万。

収入のない私にとってはどうすることも出来ない金額。

そこで夫へパートに出たいと相談してみたんです。

ところが、
IMG_4682「パートして稼いでまで何に使うんだ?」
IMG_4681「自分の美容院代や子供の衣類代。今もらっている6万円では足りないから」

IMG_4682「美容院なんて3ヶ月に1度だし、子供の洋服だってそんなに買うもんじゃないだろ」

夫は生活費や養育費にかかる相場をしらない人でした。

IMG_4682「なぜ6万では足りないんだ?」

足りない理由をきちんと説明した。

IMG_4682「自分の洋服や美容院の為に必要なら、その時に渡す!」

と言われて、パートに出ることを許してくれなかった。

私が働きたい理由は借金だけど、夫には子供も高学年になり、手がかからなくなったので、パートに出たいと頼んでも理解してくれなかった。

できる限りの節約をしてみたものの、夫の知らない借金が50万になっていた。

ついに支払いSTOP

そして、1社については支払いをやめてしまった。

根性悪いと言われそうだけど、どうにもならなかった。

催促の電話にも一切でるのをやめた。

しかし、その債権者から裁判所を通して督促状がきたのです。
IMG_4681「どうしよう・・・」

私はついに夫のカードを利用した。

とりあえず、債権者に電話して、40万のうちの半分を入れることで話がついた。

夫のカードを利用して20万円をキャッシング。

正直、すぐにバレると思っていた。

だけど、夫は気づかなかった!

バレる前にどうにかしなきゃと思い、私は別のところで新たな借入をした。

更に、別のところでも・・・。

そして、借りては返すの繰り返し。

仕事もしていない私が借りてしまえばどうなるかは、簡単に想像が出来たはずなのに・・・。

夫に打ち明けるきっかけは専門家への電話相談

長年、借金を繰り返した結果、、全部合わせると215万の借金

ここまで増えてしまった。

夫には言えなかった。

あれだけお金にうるさい夫だし、余計な不安や心配をかけたくない・・・

それに、金額も大きくなりすぎていたので何を言われるか分からない。

激怒して「離婚する」と言われそうで怖くてなかなか言い出せなかった。

もうこれ以上は無理だと分かっていたけど、借りないと生活できない状況・・・。

借金の事は誰にも相談できなかった。

私のような悩みを抱えている人はいないのか?ネットのコミュニティーサイトに相談してみた。

すると、案外に多くの主婦が夫に内緒で借金をしていたり、経験者の方もいた。

それを知ったからと言って、別に安心したわけじゃない。

しかし、コメントの多くに


「弁護士に相談したほうがいい」

「夫に打ち明けるべきだ」


ということが書かれていた・・・。

そこで、初めて弁護士に相談してみようと思ったんです。

コメントでは、法テラスという場所も教えてもらった。

しかし、足を運ぶほど勇気がなかった私は、電話での無料相談やっていた事務所を利用することに。

初めての電話無料相談

電話だとあまり詳しいことが聞けずに終わってしまったけど、「すぐに債務整理したほうがいい」ことだけは分かった。

IMG_4683「もしも相談に来られるなら、旦那さんも連れてきてください」
と言われた。

IMG_4681「夫にはこのまま内緒にしたままどうにかしたい」
と伝えた。

IMG_4683「全く収入のないあなたが今の借金を解決することは無理ですし、自己破産するにしても今後の事を考えたらやはり一緒に借金ついて考えるべきです」
と言われてしまった。

当然です・・・。

もう言うしかないと思いました。

ただ、弁護士は最後にこう言ってくれた。

IMG_4683「旦那さんに内緒で借金をしたことは間違いでしたが、あなただけのせいじゃないと思いますよ。旦那さんにも原因があるんですから、一緒に解決する責任があるのでは?」

IMG_4681「でもきっと、私の責任にされます。あの人は生活していくうえでいくらかかるかを理解しようとしなかったし、聞く耳も持たなかったので!」

IMG_4683「連れてきていただけたら、僕の方からもそれは説明します。旦那様が生活費の事をもっと理解してあげないとまた同じことを繰り返す事になりますしね」

確かに言う通り、夫にも家計についての事をもっと理解してもらわないと同じ事を繰り返すと思えた。

しかも、それを分かってもらうには私からではきっと無理・・・。

夫の性格からして、どんな理由であろうが「借金する人の気持ちなど全く理解できないだろう」と感じていたから。

しかし、弁護士の言葉が私の背中を押しました。

離婚を突きつけられる覚悟で説明することに!

夫に借金を告白

IMG_4681「突然ですいませんが、あなたに言えずにいたことが」
IMG_4682「何?突然」

IMG_4681「私には借金があります」

夫の形相が変わった!

IMG_4682「どういうこと?」

私は初めてカードやキャッシングを利用した10年前の事から説明した。

そして、私の貯金が無くなり本格的な借金生活が始まったことや借金の使途や額の説明も・・・。

IMG_4682「冗談じゃない!!!」

夫は激怒した。

IMG_4682「お前、俺に黙って何につかったんだ!」
IMG_4681「家族にかかる生活費だけです」

IMG_4682「嘘つけ!ちゃんと渡していたじゃないか!」
IMG_4681「あれでは足りなかったのよ・・・」

IMG_4682「他の家だって同じようなもんだろ!それでも普通は借金なんてしてないだろ!」

IMG_4681「他の家はどうかは分かりませんけど、節約をしてもしても足りませんでした」

IMG_4682「なんで、借金する前に足りないと言わないんだ!!」
IMG_4681「言いました。相手にしてもらえなかったけど・・・」

IMG_4682「だからと言って借金までするか?こんな大金になるまで黙っているなんて!」
IMG_4681「言えなかった。不安だったし・・・」

IMG_4682「はぁ?いきなり聞かされるこっちの立場はどうなるんだよ?」
IMG_4681「すいません。自分で何とかしますので」

IMG_4682「どうにかするって、お前収入ないんだし、どうにもならないだろ」

それ以上、夫は何も言ってこなかった。

借金の事を伝えてからは、夫とは毎日無言。

責められているみたいで息苦しかった。

離婚したいと言われることも覚悟した。

弁護士に報告

私は、再度電話で相談した弁護士に連絡をしてみた。に借金の事を打ち明けた事を伝えた。
IMG_4683「一度、旦那様も連れて相談に来られてみませんか?」

IMG_4681「でも、夫が一緒についてきてくれるかどうか・・・」

IMG_4683「とりあえず、最初の相談は無料なので、最悪あなただけでもいらしてください。そうじゃないと何も変わりませんよ」

IMG_4681「分かりました。夫も連れていけたら連れていきます」

弁護士によるサポート!

私は、弁護士に相談する予約をとったことを夫に伝えた。

IMG_4681「一緒に来てほしい」
IMG_4682「弁護士?ハァ・・・」

IMG_4681「弁護士さんからあなたも連れてくるようにと言われて・・・」

IMG_4682「お前がどうにかするんじゃなかったの?」
IMG_4681「ですから働かせてもらいます。」

IMG_4682「好きにすれば!」

私は悔しく思い、次の日から職探しをした。

40後半にもなって職探し。そんな簡単ではなかった。

仕事を選んでいたわけではないのに・・・。

それでも、知り合いの紹介でパートで働くところが決まった。

そして、相談の日が来た。
IMG_4681「今から、弁護士のところに行ってくるので・・・」
と伝えた。

IMG_4682「俺も行く」と・・・

弁護士事務所につくと、個室に通されて電話で対応してくれた弁護士がきた。

弁護士との面談相談

夫は何も語らずただ黙って座っていた。

IMG_4683「奥さんから大まかなことは聞いていますが、まずは借金について整理させてもらいます」

弁護士から借金について一通りのことを聞かれた。
借入時期や返済について、使途についてなど。

IMG_4683「金額的には220万くらいですね?」
IMG_4681「はい。」

IMG_4683「すいませんが、ご主人様の年収と貯金があれば教えてください」
IMG_4682「なんでですか?」

夫は「俺は関係ない」と言いたそうだった。

IMG_4683「あの、失礼ですけど、理由は生活費の不足です。夫として関係ないとは言い切れませんよ」

IMG_4682「いや、それは分かっていますが、私は十分にお金を渡していましたよ」

IMG_4683「おいくらですか?」
IMG_4682「月に6万です」

IMG_4683「それで食費に雑費に衣服代や医療費を払って足りると思われているんですか?」

IMG_4682「足りるんじゃないですか?他の家だってそのくらいだと思いますが」

IMG_4683「それは何もなければ足りるかもしれませんが、現実的にはギリギリですし、不足する月がでてきて当然です」

IMG_4682「余る月だってあるはず!!それを回せばどうにかなるんじゃ?」
IMG_4683「ちょっといいですか。奥様を見てどう思われますか?贅沢しているように見えますか?」

IMG_4682「それは知りませんけど。普通なんじゃないですか?」

IMG_4683「いいですか、家族4人分の食費だけでも月に3万はかかります。そこに子供の洋服代やお小遣い、おやつ代やあなたのビール代。学校の集金など・・・3ヶ月に一度は美容院代。時には奥さんだって洋服を買われるでしょう。それにちょっとした洗剤などの生活必需品だってばかになりません。」

IMG_4682「・・・」

IMG_4683「それにお子さんがサッカーで、土日は試合に出ていませんか?」
IMG_4682「まぁ・・・」

IMG_4683「交通費なども奥様の方から出させていたわけでしょ?」
IMG_4682「そうですが・・・」

IMG_4683「それを6万円でやれというのは・・。!計算されたことありますか?」
IMG_4682「いえ。全て任せていたので」

IMG_4683「あなたは急に借金があると聞かされたといいますが、奥さんから生活費の事で何か相談されて言われたことはないですか?」

IMG_4682「ありましたけど。十分に渡していると・・・」

IMG_4683「なんでちゃんと聞いてあげなかったんですか?」

IMG_4683「パートさえも認めてあげなかったそうですね。」
IMG_4682「それはそうですけど、まさか借金するほどとは思っていませんでしたから」

IMG_4683「奥様からのSOSだったんじゃないですか?それなのにあなたがそうだから借金を繰り返してここまできたんですよ・・・。その奥様がどうにかしなきゃと思ってずっと言えずにいた借金を今になって打ち明けたんですよ!」

IMG_4682「・・・」

IMG_4683「これはあなたを責めているわけではありません。奥様の責任だけではない責任だけではないことを理解して欲しいのです。あなたにも責任の一端があることをわかってもらいたいのです。」

弁護士は私が言いたかったことをすべて代弁してくれた。

IMG_4683「では、そのうえでこの借金をどうするかを考えたいのですが、いかがですか?」

IMG_4682「わかりました。話を進めてください。」

IMG_4683「旦那様の収入と収支について教えてください」

IMG_4682「年収は700万くらいです。月の手取りは35万くらい。そこから保険や住宅ローン、水道光熱費・携帯代など抜かして月5万から6万円くらいを貯金に回してます」

IMG_4683「一時的に貯金が出来なくなりますが、月に5万くらいは返済に回せるということになりますね」

IMG_4682「どれくらいの返済期間になりますか?」

IMG_4683「現在の残高では220万の借金があります。このうちの2社については約8年借り入れと返済を繰り返していますので、おそらくかなりの減額か過払いになるかと・・・」

IMG_4682「過払いですか?」

IMG_4683「はい。奥様が借り入れした際の利息が、消費者金融の利息がまだ利息制限法よりも高い利率の時ですので、利息制限法で計算し直せば、払いすぎている可能性もあります。」

IMG_4682「そうなるとどうなるんですか?」
IMG_4683「多く支払っていれば取り戻します」

IMG_4682「借金が減るんですか?」

IMG_4683「220万よりは間違いなく減るでしょう」
IMG_4682「少しでも減ってくれれば・・・。貯金で一括で返済することもできます」

IMG_4683「そうですか。では私の方で進めるという形でよろしいですか?」
IMG_4682「お願い致します」

借金が114万も減るという結果に!

弁護士の相談以降も夫とは会話をすることがなかった。
私がしたことは間違っていたと思う。

だから、夫に何を言われても仕方ないと思っていた。

しかし、夫にも変化があった。

IMG_4682「パート始めるんだろ?」
IMG_4681「はい。明後日から」

IMG_4682「週に何日入るんだ?」
IMG_4681「週4日で、子供たちを送り出してから2時くらいまでの予定だけど」

IMG_4682「月に5万くらいか?」
IMG_4681「それぐらいかと」

IMG_4682「そしたら、俺から渡すお金は変わらず毎月5万で大丈夫か?足りない時は言ってくれ」

IMG_4681「自分のパート代が入ってくるんで大丈夫です」

IMG_4682「それだと足りないんだろ?俺からもこれまで通り6万は渡す」
IMG_4681「・・・はい」

IMG_4682「もし、それでも足りないときは言ってくれ」
IMG_4681「ありがとう」

IMG_4682「あの借金だけど、あれは俺の方でどうにかするから大丈夫」

すべてを受け入れてくれたんだと思えた。
夫には私の気持ちなど到底分からないだろうと思っていた。

しかし、違った。
弁護士のお蔭だと思う。

夫は気持ちの整理をつけるのに時間はかかったけど、理解してくれた。
私のことも受け入れてくれたのだ。

弁護士に依頼してから2か月が経った頃だった!

弁護士から夫に手紙が来た!

夫名義の借金について

Aカード:キャッシング50万円とBカード:リボ残高45万円についてはそれぞれ1万円ずつの減額しかできなかったらしい。

ただ、私名義のものがレイクの30万円が2万円になり、プロミスに関しては3万円の過払いが発生していた。

過払い分は弁護士口座に振り込まれることになったと。

また、地方銀行ローンについては、途中で代位弁済が行われていたため、もともとの債権者のときからの履歴開示をして計算。

その結果、30万円が5万円、40万円が10万円になったとのことだった。

更に!
夫名義の債権者に対して一括弁済を提案して減額を申し入れたところ、A社が3万円、B社が5万円の減額に成功したと!!

よって、全社分の債務額は101万円になった。

和解が成立後、翌月末の振り込みとなった。

夫は予め弁護士に説明されていた通り101万を弁護士口座に振り込んだ。

弁護士への支払いについては、着手金12万9600円と過払い金報酬として6480円の合計13万6080円だった。

これは、相談の際に弁護士からの提案で、負担がかからないようにと分割で支払うという話になっていた。

あの日、弁護士のところに夫と一緒に言ってから5か月が経過した。

既に弁護士費用の支払いも終え、全てが終わった。
夫との仲も、以前のように戻ることができた。

全てが解決した今、二度と繰り返さないためにもこの10年間の事を忘れてはいけないと思っています。
関連ページ

借金問題を得意とする弁護士事務所の一覧

借金トラブルは弁護士の無料相談を活用

借金が返せない時に自分で解決する方法

借りている業者が闇金かどうかを見分ける方法

サブコンテンツ