ネットから不動産まで売買のトラブルを解決するための知識

土地や建物、中古車、オークションやショッピングなど、売買トラブルは至るところで起きています。

  • 購入したものが手に入らない・・・
  • 新品だと思っていたのに中古だった…
  • 新品で購入したのに壊れていた…
  • 購入後、すぐに壊れてしまった…

このようなことになると、金額の大小に関係なく腹が立ちます。

どうにかして自分の損を取り戻せないかと考えるはずです。

その際に、必要なのが法律と解決方法です。

自分
法律的にはどうなるんだろう?

自分の場合にはお金を取り戻せるのだろうか?

どうやって損を取り戻せばいいのか?

例えば、修理歴のない中古車を購入したと思っていたら、購入後に修理歴があることが分かったというケースは中古車売買トラブルではよくあることです。

中古車売買トラブルのケース

購入者は「修復歴のある車だと知っていたら購入していない」わけです。

購入者自身も、「騙された!できるものならキャンセルして他の車にしたい」と思うでしょう。

自動車を販売する際には、修復歴があることを隠してはいけないことがルールとされています。

このルールに違反して販売した相手には、「契約の無効または取消し」を求めることができます。

もちろん、販売した自動車販売店も、無効や取り消しを請求されたら応じなくてはいけません。

重要

売買トラブルでは、どんなケースなら契約は無効となるか、取り消せるかなど、法律的にはどうなるのかをまず知る必要があります。

しかし、これを知っただけでは問題は解決できない場合もあります。

一例として、自動車販売店が反論してきたりして請求に応じなかった場合です。

そういった時に、販売の仕方に問題があったことや請求に応じないことを、どこに相談すればいいのか?

損を取り戻すための解決方法も知らないと対処できませんね。

太郎隊員
ネットから不動産まで、様々な売買トラブルを解決するための知識を紹介し、悩まれ困っている人をサポートしていきます。

分かりやすく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

ネットから不動産まで売買のトラブルを解決するための知識

押しの強さに負けて買ってしまった!返品できる?

クーリングオフ制度を知っておこう 訪問販でのトラブルは、世間でもよく話題になっています。 けれど、なかなか無くならず、気を付けていてもその場の押しに負けて勢いで購入してしまった、という方も多くいます。 これは何も相手が悪・・・

サブコンテンツ