30代独身ダメ女の借金解決方法!ショッピングやエステで多額の借金!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

返済のことをしっかりと考えず、当たり前のようにカードを使う方が多いかと思います。

特に、30代女性ともなると洋服や美容にお金を使い、カードで支払うということは普通のことでしょう。

私は30代の独身女性。

30代独身ダメ女

持ち出しがなく買えてしまうカードはとても便利です。

しかし、そこには落とし穴もあります。

それは、お金を使っているという感覚が鈍り、歯止めが効かなくなることです。

カードには上限額があり一定の抑止力にはなりますが、それをもって同じ生活や買い物をしなくなるかというとそうではありません。
  
実際に、限度額に達してしまい、その後、買い物を我慢できずにキャッシングをして買い物をしてしまう方も少なくないのです。

結果、ちょっと節約するくらいでは返済ができない状態になってしまいます。

返済が困難になってしまった借金は解決できるのか?

ここでは、30代独身女性の体験をもとに解決方法を紹介します。

借金まみれ!ダメ女になった理由

借金は多い時で160万もあった。

その借金の主な原因は、私が買い物大好きっ子だったから・・・。

更に、エステ通いもしたりとやりたい事はとことんやっていた。

派遣という立場で収入も安定しないのに、少しでも嫌なことがあるとカードでお買い物。

上限額に達するとキャッシングをして買い物するという状態を繰り返していた。

そして、ダメ女の私を決定づけた出来事もあった。

それは!
彼氏にお金を貸して逃げられたこと。

これによって買い物生活は更にヒートアップ。

洋服買ったりエステへ行ったりと、自分に投資することが唯一のストレス解消になっていたんだと思う。

一度も着ない洋服だって結構あったし。

だけど、このままではいけないと思って正社員で働けるところへと転職した。

生活を変えれば自分を変えられる?転職を機に自力で借金返済へ

自分を変えようと思ったんだよね。

節約生活をして家計簿もつけたり・・・。

返済することをまじめに考えた時期もあった。

正社員にもなれたことで、借金は少しずつでも返していけるって思っていた。

でも・・・そう甘くなかった。

正社員になったからと言って月々のお給料はそれほど変わらなかった。

ストレスもあったし、結局またショッピングを再開してしまった。

カード限度額いっぱいまで買い物しては借入して返済。
余力分があればまた買い物をして・・・

このようなことを繰り返していたから、気がつくと、月20万円の収入では返済できない状態なっていた。

当たり前だよね・・・。

それでも正社員になったことでボーナスがあったから、まだどうにかなるって思っちゃった。

それで一気に返済すれば!!!

結局は・・・・。

ボーナス払いで買い物をしてしまうというダメっぷり。

ダメ女の私も、さすがに「まじでやばいな~」と感じていた。

とはいっても、なかなか返済について向き合えなくて、もう自分ではどうにもできない状態に・・・。

ヤバイと感じた時にはもう手遅れの状況に!借金は気持ちだけではどうにもならない

月々の返済は、クレジットカード3枚~5枚分の支払いで約10万円くらいだった。

手取りが20万円しかない状態で返済に10万を回していたから、生活もいっぱいいっぱい。

現金もないのに結婚式も増えていた時期だったので、そんなときにはキャッシングを利用したりもしていた…。

ただ、キャッシングはリボ返済だったので、月々1~2万円の返済でOKだった。

「気持ち的にラクだ」と感じていて、もう完全に感覚がおかしくなっていた。

「クレジットカードの返済が出来ない時にはキャッシングをしてクレジットカードの支払いにあてていた。

カードの支払いにキャッシングを利用するという自転車操業状態に。

これって一番やっちゃいけないパターンなのにね・・・

だけど、そんなキャッシングもあっと言う間に借りられる枠がなくなっちゃって、本気でヤバイと思ってきた。

AV出演とか自己破産とかを考えるようにもなってきて、段々自分の状況が怖くなってきた。

参考ページ :ローンや借金の返済が厳しい方!自己破産をした方が良いケース

借金と本気で向き合えば自力解決はできる?借金の自力解決は簡単ではない

やっと借金の解決という事を考え始め、ネットで情報取集してみたの。

「まずは自分でできる節約からスタート」という情報を見かけ、これなら私にもできると思いやってみた。

かなりやばい状況だったから、あれだけしていたショッピングは一切やめた。

そして借金と向き合うためには「借金総額を洗い出す」と書いてあったので、借金額をまとめて月々の収支とキャッシングの支払い予定額も出してみた。

エクセルの表にまとめて一目でわかるようにしてみて驚いた!!

頭が真っ白になったのを今でも覚えているよ。

「ヤバすぎて無理!」って心底感じたからね・・・

とにかくもう絶対に買い物をしちゃいけないと固く誓い、仕事後の自由な時間もバイトを入れて、週末も日雇いのバイトをいれて忙しくした。

自炊という節約生活と自分の自由な時間を減らすことで、借金返済も一気に加速できた。

3ヶ月間で100万円あった借金は60万円になり、なんか「いけるんじゃないか」と!

ここまでくると、お金の使い方を間違えていたことに気づけた。

それまでのお金の価値観も変わった気がした。

それに、節約生活も普通になってきていた。

そう考えると、借金から抜け出せないころの私というのは、現実を見ていなかった気がする。

エクセルで表にまとめて目に見える形にして現状を把握したことがよかったんだと思う。

借金返済まであと30万円!安心感が油断を生む

「借金は頑張れば返せる」という自信と、終わりが見えてきたことで安心しちゃったんだと思う。

買い物、復活~!!!

多少の買い物なら別に問題はなかったんだけど、それまでの反動で自分で立てた返済計画が崩れるほどに・・・。

返済額も10万円というわけにいかなくなり、6万円しか回せない状態に。

カードも使い始めるようになってしまい、あと30万円だった借金も60万円に。

「前の時は100万円も借金があったんだから大丈夫」と何の根拠もない自信が・・・。

完全に救いようのない馬鹿な女だと思った。

弁護士へのメールが転機に!全額弁済と借金を繰り返さない方法

あっという間に私の借金は当初の100万を超えて160万に!

どうしてこうなったのか・・・

一度はうまく行っていたのに・・・

周りの友達は結婚して子供がいる人も増えてきているのに。

自分は借金生活。

私は一体何をやっているんだろう・・・

何がいけなかったのかを考えた。

買い物を再開したことだと分かっているけど、

『一生買い物するなってこと?!』

完全に思考回路がストップしてしまった。

そんな時に電車の広告で見かけたのが「任意整理」を宣伝する弁護士事務所の中づりだった。

わざわざ弁護士に頼むほどではないと思っていたけど、私のような借金を繰り返す人はいるのかを聞いてみたい気持ちはあった。

そして、どうやったら二度と借金することなく生活できるのか?

そこで、直接弁護士にあって相談するのが嫌だった私は、メール相談を利用することにした。

私はこれまでの経緯を時系列で簡潔に説明して、「結果的に反動からか買い物を再開してまた借金」という事を伝えた。

最後に、


こんな人はいますか?

こんな人が二度と借金しないためにはどうしたらいいですか?


という質問もしてみた。

2つの回答があった。

①解決方法について
手取り20万円からして160万円の借金であれば任意整理での解決が考えられます。
②借金をくり返すことについて
無理な返済によってストレスがたまり、反動で借金を繰り返す人はいます。

肝心なのは返済中も多少の余裕があること。

買い物なり、出かけるなりを完全に制限しないことも大切です。

もちろん、今までのように収支に見合わない買い物はしてはいけませんしカードを使って買い物することはやめるべきですが、気持ちに余裕をもって返済していけば、借金を繰り返す可能性は低くなります。

これがすごいためになった。

確かに、借金返済を必死になっていた時の私は、無理のある節約と労働をして一気に返済しようと必死だった。

友達と出かけることも、買い物に行くこともしないで自分を追い込んでいたのだから、気持ちに余裕なんてものはなかった。

終わりが見えてきたことで糸がきれてしまった。
その結果として、借金を繰り返すことになったと思う。

参考ページ :借金が返せないは思い込み!借金解決は必ずできる

ダメ女の復活劇!カード生活から現金主義にチェンジ

弁護士のメール相談で受けたアドバイスをもとにして、私は返済計画を練り直すことにした。

手取り20万

毎月必ず出るお金として、家賃4万、食費2万、水道光熱費1万、携帯代1万、その他1万とある。

手元に残るお金は、11万円

今まではこの11万を返済に回していたけど、それはもうしない。

あえて5万で返済していくプランにして、3年で完済する計画にした。

残った6万円は、月に2万円分は大好きな洋服を買う

月に一度か二度は友達と食事に出かけることにする。

それでも、2~3万円は手元に残ることになる。

それは急な出費に備えて貯金することにした。

カードもアドバイスにあった通り使用できないようにした。

無理のない返済計画の結果〜順調な返済生活

1年目は無事にクリアした。

返済生活も辛いと感じたことはなかった。

なぜなら、友達との月に一度か二度の食事があるお蔭で、仕事でストレスを感じつつもリフレッシュできていたから。

買い物だって一般的な女性のようにそれなりに出来ていた。

少しずつ貯金を出来ていたこともあり、結婚式や急な出費で借入する必要もなかった。

完済まであと20万、残り期間6か月のところまできても、何も変わることない気持ちで過ごせた。

以前だったら、この時期に借金を繰り返しちゃった私だけど、あえて買い物がしたい!なんて気持ちには全くならなかった。

そんな自分に驚いたし嬉しく感じた。

自力解決のカギは弁護士のアドバイス

重要

私のターニングポイントはやっぱり弁護士からのアドバイスだったと思う。

最初は弁護士に相談なんて必要ないと感じていたし、メール相談なんてそれほど期待できないような方法だと思っていた。

でもね、よくよく考えると、弁護士って私と同じように借金の悩みを持った人の相談をたくさん受けていて、それを解決しているわけだよね。

弁護士にしてみれば、私がどうしたら借金を解決できるかなんてことは簡単なことだったのかもね。

もっと早く活用するべきだったのかもね。

何にしても、そのアドバイスが本当に役にたった!

借金返済に必死になっていた私は、とにかく返すことしか考えてなかったでしょ。

だから、余裕を持って返済するなんてことは到底思いつくはずもないからね。

まさか好きな買い物をやめず、友達との食事会もやめずに借金の返済ができるなんて思いもしなかった。

気づけば貯金だってできてるし!

これはプロのアドバイスのおかげだわ♪

参考ページ :借金問題を得意とする弁護士事務所の一覧

サブコンテンツ