交通事故の示談で損をしないための知識

交通事故問題は、素人の方では理解や判断が難しいとされている問題です。

絡む法律や知識が多く、ある程度知識を集めても、「自分の場合にはどうなるのだろう」と不安になるものです。

また、保険会社から説明されても、言葉が難しくて意味さえ理解できない人がたくさんいます。

交通事故で使用される言葉が難しく、補償制度のシステムが複雑だからという理由もあります。

保険会社も「自社の利益を損なわないように駆け引きをしてくる」ため、より分かりづらくなるのです。

全く知識のない状態では、対等に話をすることはできず、正しい判断をするのが非常に難しくなります。

例えば、

相手の保険会社
判例に基づいて、過失割合は2:8です。
これをもとに損害金を算出すると240万円のお支払いとなります

など、示談の提案をされたりします。
自分
その条件で示談するのが妥当なのか?

判例に基づいて・・・と言われても・・・・。

この状態では、正しい判断はできませんね。

交通事故問題では、被害者か加害者か、人身事故か物損事故かでも異なります。

人身事故の加害者となれば、民事責任(補償の問題)以外にも、刑事責任(懲役刑や罰金刑など)や行政上の責任(減点)を問われる場合もあります。

様々な法律や責任が絡みます。

たくさんの理解と判断をしなくてはいけないのが交通事故です。

知識もなく何も知ろうとしないと、損をしてしまう事もたくさんあります。

そこで、自動車保険や交通事故に関する法律知識がない方でも分かるように、よくある不安や悩みをもとに、必要な知識や情報をわかりやすく紹介していきます。

太郎隊員
自分の場合にはどうなるのか?

不安が解消できるようにサポートしていきます。

ぜひ、参考にしてください。

交通事故の示談で損をしないための知識

交通事故問題を得意とする弁護士事務所の一覧

交通事故では保険会社が関わってくることがほとんどです。 加害者では交渉のプロが登場してきます。 被害者の場合はほぼ被害者本人が対応するケースが多くなっています。 相手がその道のプロですのでその時点でほぼ加害者が有利にこと・・・

交通事故の問題は弁護士の無料相談を利用して解決

いきなりバックしてきてぶつかってきたにも関わらず 急な車線変更をしてきてぶつかってきたのに 事故の当初は加害者も「大丈夫ですか?」と心配してくれます。 しかし、いざ補償などのお金の話になると態度が急変。 被害者の気持ちな・・・

交通事故の無料相談!大阪の弁護士窓口

ここでは大阪に限定して、「弁護士による交通事故無料相談」について詳しく紹介していくね。 交通事故トラブルは複雑な事案ばかり! 「3対7が妥当だと言えば、相手が5対5じゃないと示談しない」 「どっちが悪い悪くない」 「保険・・・

交通事故で加害者になってしまった!

この先どうなるの?どうやって責任を取る事になるの? 交通事故で加害者になると、3つの責任を取る事になります。 その3つとは、「刑事」「民事」「行政」上の責任です。 まずは刑事上の責任ですが、聞いた事があるところでは「業務・・・

サブコンテンツ