その悩みたった3分あれば十分!あなたにピッタリの解決方法を見つけましょう

あなたが抱える問題の解決方法を見つけるまでの目標は3分!

法律に関わる問題は、今持っている自分の知識だけで解決するのは難しいと思います。

あなたの抱える問題は過去、同じように悩まれていた人がいたはず。

そして、正しい手順で解決した例が必ずあります。

問題を抱えた人達が相談し解決した方法を厳選し悩み別にまとめました!

※このサイトでは解決方法を見つけるまで3分でたどり着けるように日々研究を重ねています。

悩み別解決方法

  • 借金問題

    借金問題

    多重債務、住宅ローン、闇金など、借金問題を抱えている方。お金に関わる問題の解決策や無料相談窓口を紹介!どんな状況でも借金生活から脱出することはできます。自分の場合にぴったり合った方法が必ず見つかります。

    借金問題解決方法はこちら⇒

  • 交通事故問題

    交通事故問題

    交通事故で被害にあった方、加害者になってしまった方。過失割合や示談、被害の補償、加害者となった場合の責任についてなど・・・交通事故に関する正しい知識を紹介!交通事故の解決法や無料相談窓口を利用できます。

    交通事故問題解決方法はこちら⇒

  • 相続問題

    相続問題

    相続に関する問題や疑問で悩まれている方。亡くなった親の借金が出てきた場合や遺産分割で揉めた場合など、相続問題の対処方法を紹介します!特殊な場合でも弁護士に相談すれば損することなくスムーズに解決出来ます。

    相続問題解決方法はこちら⇒

  • 詐欺問題

    詐欺問題

    詐欺かどうか分からない方、詐欺にあってしまった方。自分の場合が詐欺かどうかの判断や被害を取り戻すための方法を紹介!詐欺での被害回復はスピード勝負です。解決方法と無料相談を利用し対処してください。

    詐欺問題解決方法はこちら⇒

  • 離婚問題

    離婚問題

    財産分与、慰謝料、養育費、どんな場合に離婚できるのか?等。突然トラブルが起きていたり、悩みがある人。離婚の対策や問題の解決策や相談できる窓口について紹介しています!損せずに離婚をするために役立ててください。

    離婚問題解決方法はこちら⇒

  • 弁護士無料相談窓口一覧

    弁護士無料相談窓口一覧

    すぐに弁護士に相談したい、依頼したい方。弁護士の意見を聞いてみたい方。各問題について特化した、相談料無料の弁護士を紹介!自分にあった相談先が見つかるはずです。ちょっとした質問でも気軽に活用してください!

    弁護士無料相談窓口はこちら⇒

地域別弁護士事務所一覧

都道府県から事務所を探す

北海道

東北

東京

関東

甲信越

北陸

東海

関西

中国

四国

九州・沖縄

あなたの悩みが見つからない場合

右側のサイドバー「トラブル別の解決方法」から探してください。

悩みの解決方法を見つけるには、
弁護士に直接相談(無料)するのが1番です。

弁護士との無料相談の時間ををムダにしないためにも、しっかりとした準備しましょう。

無料相談をする前に大切なことを、下の方にまとめたので参考にしてください。

【ちょっと待った!】弁護士の無料相談を使う前によく読んで!

弁護士に無料相談をしようと考えているあなた!

無料相談する前に知って欲しいことが3つあるんだ。

ただ「弁護士に相談すれば、悩みや問題が解決する」って思ってるでしょ。

でも、それがベストな解決方法とも限らない・・・。

その理由は、相談者が上手く弁護士の無料法律相談を利用できていないことがあるからなんだ。

「とりあえず弁護士への相談は無料だし行ってみよう」と思っていないかな?

ちょっと違うんだ。

悩んでいる問題に適切な弁護士を選ぶ

相談したいことを明確にしておく

無料相談を利用する際はそれなりの準備をしておく

これがとても重要!

何も知らずに相談し、その流れで依頼してしまうと後になって後悔することがある。

「とりあえず弁護士への相談は無料だし行ってみよう」はやめよう。


・弁護士の対応が悪くて信頼できなかった

・思っていたより費用が高かった

・相談もなしに強引に裁判へと進められてしまった

・費用や過払い金を着服されてしまった


何も準備していない状態で無料相談を使用すると、トラブルに巻き込まれてしまう可能性だってあるから注意しなくてはいけないよ。

ほら!

東京弁護士会でも

「東京弁護士会では市民窓口に対する苦情受付件数は1800件余り」あったと報告しているし…(2012年度)。 「東京弁護士会より

法律的な悩みを解決しようと思って無料相談を利用するのであれば、

「相談前にそれなりの準備をしてから!」

これが基本だということを知ってもらいたいの。


「相談する前に何をどう準備すればいいの?」

「どうやって相談先を選べばいいの?」

「沢山いる弁護士の中から何をどう選んだらいいの?」

「適切なアドバイスを受けるためにはどう相談したらいいの?」


始めて無料相談窓口を利用する方は、このような疑問や悩みがあると思う。

そこで!

弁護士に相談をしようと考えている方に、知ってほしいことがあります。

知っておいてほしい3つのポイント

ポイント1
無料相談する時は、簡潔に事実だけを伝えて時間を気にする!
ポイント2
安易に契約せず複数の弁護士に相談し意見を聞く!
ポイント3
選ぶときには近場よりも専門的な弁護士事務所を狙う!

「無料相談する時は、簡潔に事実だけを伝えて時間を気にする!」

弁護士無料相談の方法は「面談」が基本になっているけれど、最近では電話やメールでの相談も多くなっているよ。

それぞれ気を付けて欲しいことを紹介していくね。

電話・面談で無料相談する際の注意点

無料電話や無料面談で注意してほしいことは、与えられる時間。

面談では、弁護士事務所によって異なるが基本的に30分程度、電話だと10分から20分程度が一般的。

決して長くはない時間制限があるということを踏まえて無料相談を利用してほしい。

この短時間で「相談者が説明をして、弁護士から適切なアドバイス受ける」。

これができなきゃ相談した意味がなくなってしまう。

だから、無料で相談する時には内容を整理して、問題を明確にしておくことが重要!

ダラダラと説明をしちゃうと、弁護士にただ話を聞いてもらっただけで終わってしまうから気をつけて。

メールで無料相談する際の注意点

弁護士が内容を把握しやすい文章にしておくことが大事。

色々と伝えたいという思いは分かるけど、関係のないことや気持ちまで書いてしまうのはNG。

それをしちゃうと、受け取る人次第で要点が異なってしまい、「正しい助言を得られない」こともある。

大事なことは、問題と必要最低限の情報を明確に伝えること!

これを気を付けて相談すれば、弁護士から的確な良いアドバイスが受けられるはず。

弁護士に無料相談する前にまとめておくこと!

  • 関係者の相関図

  • 時系列表

  • 時系列表の例
    「○年○月○日:私は,△△の間で,●年●月末日までに返すという条件で100万円を貸すという約束をした」
    ※年月日,主語,目的語を明確にするのがポイント!
  • 相談内容に関係する書面や書類

  •   契約書,領収書,遺言書,相手からの通知書、手紙など。

ポイント2
「安易に契約せず複数の弁護士の意見を聞く!」

時間に余裕がある方

無料相談を利用して、なるべく多くの弁護士から意見を聞いてみることが重要!!

弁護士も十人十色だから、相談する相手によって様々な意見が出てくるの。

例えば、

IMG_4393弁護士「諦めてください」

IMG_4395弁護士「請求金額は100万円程度でしょう」

などと言われてしまうようなことでも・・・。

IMG_4396弁護士だと!

「請求金額は200万円が妥当でしょう」

弁護士ごとにそれそぞれ異なる見解を示してくることがある!

中には偽物の弁護士や悪い弁護士もいないとは言えない・・・。

偽物の弁護士については、インターネットが普及したこの時代。

平気で弁護士資格のない者による無料相談ページも存在している。

だから、一か所への相談だけで決めてしまうのは避けた方がいいと思うよ。

他にも、費用や解決までの流れなどをきちんと説明してくれない弁護士もいるし、説明の仕方がよく分からなかったりすることも・・・。

費用やどう進めていくかなど、これって相談した側にしてみればすごい気になる部分じゃない?

それを曖昧にされたり、理解できない説明だったらどう思うかな?

間違ってもそんな弁護士は信用してはいけないと思うよ!

もちろん、相談の内容によっては具体的に説明するのが難しい案件もある。

それでも相談者が「無料相談に行ってみて良かった」と思えるような説明をするべきでしょ。

費用だってそう!

一般の方にしてみれば、弁護士報酬って「分かりづらい」よね。

着手金・報酬金・実費・預り金用語が出てくるけど、「それっていったい何のお金?」

そう思うのは当たり前。

弁護士はきちんと分かりやすく説明するべきだと思う。

費用を曖昧にする弁護士は絶対ダメ!

相談者も分からないことがあれば弁護士に説明を求めるべき!

中には、着服する弁護士もいて問題にもなっているんだ。

「弁護士にすべてお任せ状態」にしてはいけませんよ。

こういったトラブルを避けるためには、安易に契約せずに無料相談を利用して数人の弁護士を当たってみて!

ポイント3
「選ぶときには近場よりも専門的な弁護士事務所を狙う!」


弁護士事務所や法律事務所、自治体や弁護士会などの公共的な窓口があることは既に知っているかな?

地方自治体や役所・弁護士会が運営している公共機関での無料相談窓口の事から説明していくね。

公共機関での無料相談窓口

自治体や弁護士会がやっているという安心感がある。

実際にも多くの方に利用されている無料相談窓口。

だけど、自治体などが行う無料相談には「30分という時間制限がある」ということを知っておいてほしい!

それに!

この無料相談の利用者はかなり多く、「弁護士は次々と相談者をさばく必要がある」ということも。

弁護士は相談者の話をじっくり聞くこと、丁寧に説明することが難しくなっているんだよね。

この無料相談を利用した人に聞くと、


「せっかく相談しに行ったのに!」

「期待とは違った受け答えをする弁護士だった」

「無料相談だったけれど時間の無駄だった」


実際のところこのように感じてしまう人も多くいる。

もちろん、中にはきちんと丁寧に説明してくれる弁護士もいることはいるんだけど…。

ただ全体的に見ると、少し期待外れだと感じてしまうかもしれないね。

手続きなどの簡易的な内容の場合のみお勧めするよ。

それ以外の相談は各事務所の利用することをお勧めしたいな!

弁護士事務所・法律事務所の無料相談窓口

各事務所でも無料法律相談をしていることが多くなっているから見つけやすいと思うよ。

最近では、弁護士事務所もCMや広告などで宣伝されるようになってきている。

昔に比べるとだいぶ身近になってきて、利用しやすいと感じるのではないかな?

アトム法律事務所は、LINEで弁護士に無料相談ができるサービスを開始したりして、利用しやすい環境作りに力を入れているし。

また、各事務所の方が自分の都合にあった相談先が見つけやすいと思う。

多くある事務所から相談先を選ぶ時って、何を基準に選べばいいか迷うと思うんだ。

どうしても、宣伝やサービスを展開している弁護士や法律事務所を探してしまいがち。

確かに有名だから安心できるのかもしれない・・・。

けれど、全ての人に最適かと言うと、必ずしもそうとは限らない。

手っ取り早く市の法律相談(総合コールセンター)に予約するというのもオススメできないかな。

あなたにあった弁護士を探してほしいから、妥協しないでほしい!

自分に合う弁護士の条件。

それをある程度考えておくことが大事なことたよ。

例えば、


男性の弁護士に相談したい

女性の弁護士に相談したい

ベテラン弁護士に相談したい

専門性の高いまたは抱える問題を多く扱っている弁護士に相談したい


などなど…。

きっと相談者の方にも希望はあるはずだと思うの。

自分の条件に近い弁護士を探すことがポイント!

くれぐれも面倒だからと近場の弁護士で済ませる、なんてことはしてはダメ!

特に!

専門性の高い案件である場合はなおさらだダメ。

『法律のプロ=弁護士』

プロだから「弁護士なら誰に相談しても同じ」という認識は間違った認識だよ。

わかりやすく 野球選手で例えると

キャッチャーやピッチャー、外野手や内野手と得意なポジションがあるでしょ。

それと同じ!!

弁護士でも借金問題、交通事故、離婚、相続、闇金それぞれ得意なポジションがあるんだよね。

自分の相談に的確なアドバイス、方向性を示してもらう為にどの弁護士に相談するべきなのか考え、そして自分に合う弁護士を探す!

これが無料相談を無駄にしない大事なポイントだよ!

犯罪被害者およびそのご家族の方々について

弁護士会において犯罪被害者支援センターというサービスがあります。
そちらにご相談されるといいと思います。
弁護士が刑事手続きや加害者との示談交渉の代理などをサポートしてくれます。
各弁護士会へ相談してみてください。
電話予約制となっていますから、まずは各弁護士会のホームページで予約専用電話番号を確認して、相談してみてください。

無料相談を無駄にしないためにもポイントはしっかりおさえておこう

トラブルを抱えいる人に「とにかく法律相談に行ってきてごらん!」と言う人はよくいると思う。

だけど、「ただ行く」だけでは、時間の無駄になってしまったり、嫌な思いをしてしまうこともある…。

弁護士に相談に行こうと思い行動するのであれば、悩みや問題の解決につながるようなアドバイスを受けて貰いたい!

準備をしていけば、中には無料相談だけで解決できることもあるんだ。

3つのポイントを参考に自分にあった解決方法を見つけて欲しいな!

サブコンテンツ